米国車ボルト、デザインと核心部品は「メイド・イン・コリア」(1)

米国車ボルト、デザインと核心部品は「メイド・イン・コリア」(1)

2017年04月17日10時35分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  電気自動車「ボルト(BOLT)EV」は米国車だ。米国の自動車ビッグスリーのうち最も大きいゼネラルモーターズ(GM)の名札を付けている。生まれたところも米ミシガン州のオリオン工場だ。しかしボルトEVには韓国の香りがあふれている。韓国GMによるとボルトEVに部品を供給した韓国企業は40社余り。韓国GM関係者らは「ボルトの核心部品供給とデザイン作業に韓国の企業と人材が決定的な役割をした」と説明した。数万個の部品のうち多くの数ではないが核心部品に「メイド・イン・コリア」が多く使われたということだ。

  ボルトEVは2015年の北米国際オートショーで初めて公開された。当時プラグインハイブリッドカーの「ボルト(Volt)」とは違い純電気自動車なのに1回の充電で321キロメートル以上走れる上、3000万ウォン台で販売するという計画が発表され、「電気自動車の大衆化」を実現する車と期待を集めた。今月末発売予定だが先月の事前予約ですでに初回分400台が完売した。

  ボルトEVが掲げるポイントは「充電の心配を緩和した純電気自動車」だ。韓国GMは「1回の充電で383キロメートル走れ、途中充電せずにソウルから釜山(プサン)まで行ける」と強調している。これは高効率モーターとバッテリーシステムなどを備えて可能なことだ。駆動軸に動力を供給するモーターは既存の化石燃料自動車のエンジンと同じ、電気自動車の心臓だ。

  このモーターを作ったのが韓国のLGエレクトロニクスだ。ボルトEVはスピードを下げたり止まったりする時に分散するモーターの運動エネルギーを電気エネルギーに変換してバッテリーを再充電することで長い走行距離を確保する。同時に高性能モーターで電力を効率的に使用し、最高出力204馬力の走行性能を引き出す。GMはこのように電気を効率的に使いながらもモーターの効率を上げるLGエレクトロニクスの技術力を認めボルトEVのモーター製造を任せた。

  LGエレクトロニクスはこのほかにもインバーター(直流電気を交流に変換しモーターを制御する装置)など11種類の部品を供給した。すべてボルトEVの核心を構成する部品だ。計器盤とディスプレーのようなインフォテインメントシステム、空調システムなどもLGエレクトロニクスの手並みだ。

  ボルトEV誕生の別の貢献者を挙げるならLG化学だ。この会社は電気自動車の走行距離を決めるのに決定的な役割をするリチウムイオンバッテリーを供給した。LS電線もLGエレクトロニクスを通じて駆動モーターにコイル形態に巻いて電気エネルギーを機械エネルギーに変換する捲線を納品した。駆動モーターが心臓ならば捲線は血管のような部品だ。

米国車ボルト、デザインと核心部品は「メイド・イン・コリア」(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事