<野球>進化するロボット、「審判の日」が近づく(1)

<野球>進化するロボット、「審判の日」が近づく(1)

2016年01月22日10時50分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
野球場でロボットが審判の代わりに判定をする日は遠くない。捕手の後ろの審判の位置に、韓国初の人型ロボット「HUBO」がストライクをコールする姿を合成した写真。(中央フォト)
  「ストライク!」。マスクをかぶった野球の審判が叫ぶ。決定的な瞬間には全身をねじりながらコールする。ファンは審判の判定に一喜一憂する。ところでロボットが審判の代わりをすればどうなるだろうか。米バンクオブアメリカ(BOA)と英オックスフォード大研究チームは最近、今後10年以内にロボットが代わりにする職業群を分析した報告書を発表した。「スポーツ審判」はロボットに代わる確率が90-100%と予想された。

  すでに審判の役割の一部を機械がしている。サッカー・バレーボール・テニスではライン判定をビデオ分析する。米スポーツ専門メディアESPNのコラムニスト、ダン・ジムボルスキー氏は20日(日本時間)、「今はもうストライク・ボール判定もコンピューターを活用する時代になった」と主張した。また「審判の判断ミスがメジャーリーグ(MLB)の打者をマイナーリーグのトリプルAの打者に、トリプルAの打者をMLBの打者にすることもある。こういう変数を除去しなければいけない」と主張した。

  米国はすでに1950年代、ストライク・ボール判定ができるロボットを開発した。ゼネラル・エレクトリック(GE)がデザインしたこのロボットは、電波を利用してボールの位置・軌跡・速度などを探知・分析し、スピーカーで判定を知らせる。しかし日が暮れると機能せず、ハーフスイングを判断できないなどの誤作動が頻発した。ボール1球を判定するのに300ドル以上の費用がかかると、GEは結局、事業をあきらめた。

  2001年には野球のボールの位置データを自動収集して軌跡を分析するシステム「クエステック」が開発された。2003年からMLB11球場にこのシステムが設置され、審判のストライク判定ミスをチェックした。しかし選手と審判の不満が強まり、結局「クエステック」は姿を消した。「ミスがあっても判定は人がするべきだ」というオールドファンの声が高まった。

  しかし技術が発展を繰り返しながら、領域を広めている。「スポーツビジョン」は3台以上のカメラを通じて投球軌跡を3次元で分析する「PITCH f/x」システムを出した。昨年、米独立野球団のサン・ラファエル・パシフィックスはこのシステムを活用し、実際の試合でストライク・ボール判定に活用した。ロボット審判が登場したのではなく、コンピューターの判定を人がコールする方法を採用した。

  昨年からMLBはミサイル追跡技術を取り入れた「Statcast」を出した。「PITCH f/x」より誤差が減ったシステムで、事実上「ロボット判定」のための技術的な準備を終えた。野球ファンの目も高まった。さまざまな角度の画面と豊富な資料が提供され、中継を視聴するファンがより正確な判定を要求したのだ。MLBは2014年にビデオ判定システムを導入し、疑わしい審判の判定を映像を通じて再確認している。

<野球>進化するロボット、「審判の日」が近づく(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事