<ソチ五輪>浅田「キム・ヨナはジュニア時代からずっと一緒に…」 韓国ネットユーザー「感動」

<ソチ五輪>浅田「キム・ヨナはジュニア時代からずっと一緒に…」 韓国ネットユーザー「感動」

2014年02月21日17時00分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
2008年ISU(国際スケート連盟)フィギュアスケートGPファイナル女子シングル部門のフリーで2位になったキム・ヨナが1位の浅田真央を祝っている。
  浅田真央がインタビューでキム・ヨナに言及した。

  21日(以下、日本時間)にロシア・ソチのアイスバーグスケートパレスで行われたフィギュアスケート女子シングルのフリーの後、浅田真央はインタビューで「オリンピックという恐さを知ってしまい、ショートプログラムの後、気持ちを切り換えるのが難しかった」と話し初めた。

  浅田は「今まで自分がしてきたことを信じてスケートをした。今大会で日本代表としてメダルを望んでいたが、ショートプログラムの演技がよくなかった。フリーでは最善を尽くして、今まで支えてくださった方々に感謝の意味を込めて最高の演技をしたかった」と率直な心境を語った。

  浅田は「キム・ヨナ選手はとてもすばらしい選手だと思う。ジュニア時代からずっと同じアジアの選手として多くの注目を浴び、自分も成長することができた」とし「大変なこともあったが、スケート人生で一つのよい思い出になったと思う」と話した。

  浅田真央のインタビューを見たネットユーザーは「胸が熱くなる」「感動的な言葉」などの反応を見せている。

【特集】ソチ冬季オリンピック2014
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事