習近平主席、関税爆弾対応のために北朝鮮の核をカードに使うか

習近平主席、関税爆弾対応のために北朝鮮の核をカードに使うか

2018年07月12日10時21分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  米国が中国に関税爆弾を落とすとこれを受け中国が北朝鮮の核遅延カードで脇腹を突くような様相が広がっている。トランプ政権の貿易攻勢に中国が北朝鮮をそそのかして非核化の時間を引き延ばすことで対応するようにする虚を突くようなカードを使うという懸念だ。

  すでにトランプ大統領は直接中国に警告状を飛ばした。これに先立ち9日にはツイッターに「中国は貿易に対するわれわれの態度のために(非核化)交渉に否定的な圧力を加えているかもしれない。違うことを願う」と書いた。北朝鮮の核をカードに使うなという趣旨だ。ホワイトハウスを頻繁に訪れるトランプ大統領の対話友達である共和党のリンゼー・グラム上院議員はその前日、「中国がポンペオ長官訪朝で行われた会談を米中貿易紛争に引き込もうとしている」と非難した。米国の通商圧力を受ける中国が北朝鮮と米国の非核化交渉を妨害しているという憤怒だ。

  米国と中国が通商全面戦争へ向かう中で北朝鮮と中国の関係は改善の一路を歩んでいる。北京消息筋が11日に明らかにしたところによると、張承剛駐北朝鮮中国大使臨時代行が最近平壌(ピョンヤン)で北朝鮮外務省のキム・ミョンチョル条約局長とイ・ギロ領事局長に会い両国の協力案を模索した。双方は観光など交流拡大、国際懸案に対する共同対応、文化協力案などを協議したという。これに先立ち金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が中国を訪れた直後である先月22日には中国・長春で開かれた大規模な北東アジア文化産業博覧会に北朝鮮が参加した。ポンペオ長官は8日、「北朝鮮が最終的な非核化を成し遂げるまで対北朝鮮制裁は続く」と宣言したが、中国は先月29日に国連安保理で対北朝鮮制裁緩和を試みた。外交消息筋は「中国は習近平国家主席と金正恩委員長が3月の会談の際に合意した『段階的、同時的(行動対行動)原則』により国連制裁緩和を提案する声明の草案を提出した」と明らかにした。同消息筋は「このため米国の立場では中国が貿易戦争で北朝鮮カードを持ち出すとして苛立ちを募らせているが、中国が全面否定している上に物証を確保することもほとんど不可能な状況だ」と話した。

  一部では米中間の貿易戦争がさらに激しくなる今秋に習主席が平壌を答礼訪問し、中朝友好関係を誇示してトランプ政権を相手に「中国なしでは非核化は進なない」というメッセージを示そうとするだろうという見通しも出ている。トランプ政権は、一方では貿易をめぐり中国と全面戦争を行っているが、別の一方では中国に北朝鮮の非核化に向けた対北朝鮮制裁参加を促さなければならない状況になる。世宗(セジョン)研究所のチョン・ジェフン研究委員は「貿易戦争により拡大する神経戦が北朝鮮に対する制裁維持(米国要求)や制裁緩和(中国要求)などの相手側の要求に参加しない形につながる可能性を排除することはできない」と話した。ただ経済と安保を全面的に連係する場合、中国と米国とも受け止めなくてはならないリスクが大きくなりかねない。峨山(アサン)政策研究院のチェ・ガン副院長は「北朝鮮の核問題と通商を直接連係して戦線を拡大すれば双方ともに負担が大きくなるだけに相手方を批判する道具として活用するのにとどまるだろう」と予想する。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事