「米国、韓国を競争相手と見てAESA技術移転せず」

「米国、韓国を競争相手と見てAESA技術移転せず」

2015年10月19日07時55分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
ジェームズ・ハーディー・アジア・太平洋担当編集長
  軍事専門誌「HISジェーン・ディフェンス・ウィークリー」のジェームズ・ハーディ・アジア・太平洋担当編集長(37)は18日、「米国が韓国型戦闘機(KF-X)事業の核心技術を移転しないのは韓国を競争相手と考えている可能性があるため」と述べた。

  20日に開幕する「ソウル国際航空宇宙および防衛産業展示会2015」に出席するため訪韓したハーディ編集長は中央日報のインタビューで、「米国の国防予算が減っていて武器の輸出を推進しているが、韓国が競争相手に浮上した」とし「米国の技術移転拒否は災難ではなくて韓国にはもう一つの機会となる可能性がある」と主張した。

  以下は一問一答。

  --米国はなぜ核心技術を移転しないのか。

  「AESA(能動電子走査式位相配列)レーダー関連技術は宝石のような存在だ。見方によってはステルスより優れた技術といえる。あなたは競争相手に核心技術を譲るだろうか」

  --F35とKF-Xが競争関係なのか。

  「軍需産業業界では完ぺきなものが『十分によい』というものの最大の敵という言葉がある。KF-XがF35の80%能力でありながら価格が50%程度なら、どちらを買うだろうか。T-50が成功し、米国は訓練機を製作していない。結局T-50が失敗したとすれば、米国がKF-Xに積極的になっていたはずだが、(T-50が成功し)脅威と考えているのでは」

  --韓国のKF-X事業の見通しは。

  「世界的に軍需産業はどこからも必要な技術を手に入れることができる。韓国が良い技術を購買できる機会にもなる」

  ハーディ編集長は欧州から技術を導入する場合、十分に勝算があると述べた。個人の見解でなく複数の専門家の評価だと語った。韓国が戦闘機を製作するための技術力をある程度確保したうえ、核心技術が普遍化しているという理由からだ。

  --韓国がイスラエルのエルタや英国のセレックスなどと接触して核心技術の導入を進めている。米国製品との統合に問題はないのか。

  「欧州技術提供企業も韓国に対する関心が大きいと聞いている。米国の製品にソースコード(核心技術)を一致させる問題を解決しなければいけない。しかし最近の軍需産業分野の流れは統合と結合だ。欧州技術の移転を受ければKF-X開発は可能だと考える。韓国が長距離地対空ミサイル『JASSM』を米国でなく欧州産タウルスを購入したのと同じ論理だ」

  --KF-Xが成功するには何が必要だ。

  「卵を一つのかごに入れたF35とは違い、KF-Xはそれより低いレベルだ。方向をうまくとらえたと考える。ただ、今後は事業管理が重要だ。T-50の技術をできるだけ多く使うなどプロジェクトの成功確率が高い方向に変更し、リスクを低めなければいけない。戦闘機は政治的な関心に基づいて結果が変わる。政権が交代しても予算と技術を後押しするという意志が何よりも重要だ」

  1898年に設立されたジェーングループは世界の国防専門家が参考にする『ジェーン年鑑』『ディフェンスウィークリー』(週刊誌)など国防関連技術とニュースを提供している。2007年にIHSに買収された。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事