「タイで押収の武器、北朝鮮製ではない可能性」(2)

「タイで押収の武器、北朝鮮製ではない可能性」(2)

2009年12月18日09時35分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  タイのアピシット首相は「武器は北朝鮮製ではないかもしれない」と述べた。タイ英字紙ネーションはアピシット首相が「武器の箱から英語のマニュアルが出てきた上、これはこの武器が北朝鮮からのものではないかもしれないことを意味する」というタイ犯罪鎮圧局(CSD)の報告書を引用し、こう述べたと伝えた。

  各メディアの報道を総合すれば現在まで積載事実が確実視された武器は一部の地対空(SAM)ミサイルとその発射装置程度だ。

  ◆武器輸送の最終目的地はどこ=スーダン・スリランカなど多様な国が言及されている。ヘズボラ、ハマスなど中東紛争地域のテロ団体も容疑の線上に上がった。ロイターは「北朝鮮がイランと協力してデポドン2号を生産した点を勘案した場合、最終目的地はイランだっただろう」と推測している。

  しかしアピシット首相は16日「抑留武器の購入者が誰なのか明確ではない」と述べた。このためステープ・トゥアスクパン安保担当副首相は「特定国家が不快に思わないよう(数日後に公開する報告書で)武器の最終目的地がどこなのか指摘しない」と述べた。ステープ副総理の言葉通りタイが武器輸送機の最終目的地を明確にしない場合、この問題はともすれば永遠に迷宮入りする可能性もある。

  WSJなど外信は、パニタンスポークスマンが16日「輸送機に積まれた140箱以上の木箱の開封を終えた」とし「数日以内に詳しい報告書を公開する」と述べたと報道した。

「タイで押収の武器、北朝鮮製ではない可能性」(1)
【ホットクリック】

・ 金正日総書記、放置していた羅先特区訪問の理由
・ 大リーグのアジア人投手3人、厳しい寒さの冬に
・ 韓国美術史を日本の視覚で学ぶ学生たち
・ 歌手ユンナ、時事番組で日本での成功談語る
・ 【社説】 中国副主席に国会醜態を見せたかったか
・ 日本への輸出が中断し、海の厄介者になったウニを退治へ
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事