ろうそくデモの寄付金で酒飲む

ろうそくデモの寄付金で酒飲む

2009年08月12日17時56分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
   ソウル東部地裁は、昨年の米国産牛肉輸入反対ろうそくデモ当時、デモ参加者のために集めた寄付金の一部を任意に使った容疑(横領)などで起訴されたA被告に対し罰金100万ウォン(約8万円)を言い渡したと11日、明らかにした。A被告は3月、罰金100万ウォンの略式命令を受けたが、これを不服として正式な裁判を請求した。

  ソウル東部地裁は判決文で「被告は08年6月1-10日に集めた2240万ウォンの寄付金のうち、酒とつまみ、および梯子代金などの名目で約88万ウォンを任意に交付して支援基金を横領した」と明らかにした。

  しかしソウル東部地裁は、「使った金をミネラルウォーター代金として支払ったように見せかけるため領収書2枚を偽造した」として検察が適用した私文書偽造および偽造私文書行事容疑については、「作成権限範囲を超えるとは見なしがたい」とし無罪を宣告した。 A被告は判決を不服として控訴したという。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事