24年ぶりに米大統領迎える韓国国会「演説10分前に着席、入場時には起立拍手」

24年ぶりに米大統領迎える韓国国会「演説10分前に着席、入場時には起立拍手」

2017年11月06日14時51分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  8日に予定されたドナルド・トランプ米大統領の国会演説を控えて国会が応対準備で慌ただしい。米大統領が国会で演説するのは、1993年7月10日、当時のビル・クリントン大統領以降24年4カ月ぶりだ。

  国会はすでにセレモニーや警護などで最高水準の対備態勢に入った。国会事務局国際局は今月3日、与野党の国会議員に「トランプ大統領国会演説招待状」を発送した。招請状には▼演説当日午前10時50分までに本会議場の入場および着席▼本会議場の入場時、必ず議員バッジを着用--などの案内が記されていた。金教興(キム・ギョフン)国会事務総長は5日、「議員バッジは当日、議員身分を示す一種の祕標役を果たすだろう」と話した。

  8日午前、トランプ氏が本会議場に入場する際、議員は起立拍手で迎えるものと見られる。国会事務局国際局によると、当日、本会議場の司会者が「トランプ大統領が本会議場に入場しています。議員は全員、席から立って拍手で歓迎してください」と案内して議員の起立拍手を自然に促す計画だ。

  保安が強調されるトランプ氏の国会出入りの動線も焦眉の関心事だ。国会事務局によると、米国国務省職員が事前踏査のため数日前に韓国入りして駐韓米大使館職員と共に国会に常駐するようにして動線一つ一つをチェックしている。トランプ氏は8日午前、リムジン乗用車を利用して国会に入ってくる可能性が高い。通常、国会議員が車に乗り降りる時に利用する2階正門は米側が「四方が開けすぎていて大統領が見えやすい場所なので、警護上、問題になりうる」として難色を示したという。

  トランプ大統領は演説する前、接見室で丁世均(チョン・セギュン)国会議長、国会副議長、与野党4党の院内代表らと歓談する予定だ。国会関係者は「トランプ大統領が歓談する間、メラニア夫人は国会内の控室で待っている」としながら「歓談が終われば、トランプ大統領夫妻が丁議長と一緒に本会議場に入る」と述べた。トランプ大統領は、国会演説を終えたら特別なイベントは行わず国会を後にし、次の日程である国立顕忠院へ向かうものとみられる。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事