平壌のキム・テヒ「こっそり見た韓流ドラマ、最高だった」

平壌のキム・テヒ「こっそり見た韓流ドラマ、最高だった」

2017年12月04日14時33分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
先月30日、ソウル崇実大で開かれた統一教育協議会の「統一ドリームチームと共にするトークコンサート」。左側からイ・ヨンジョン中央日報記者、カン・ドンワン東亜大教授、イ・ジョンチョル崇実大教授、タレントのハン・ソヒ氏、ピアニストの金哲雄氏。
  「分断スチューピッド!統一グレイト!!!」。先月30日午後4時、ソウルにある崇実(スンシル)大ベンチャー中小企業センター309号室。学生およそ100人は好奇心いっぱいの目で正面に掲げられたキャッチコピーを見つめた。この日、学生が集まったのは統一教育協議会(常任議長チョン・ギョンソク)が統一運動団体「1090平和と統一運動」「女性団体協議会」と準備した「統一ドリームチームと共にするトークコンサート」に参加するためだ。「1090平和と統一運動」の金永来(キム・ヨンレ)共同代表〔元・同徳(トンドク)女子大総長〕は「きょう参加した学生たちが統一時代を引っ張っていく統一の担い手になってほしい」と激励した。

  統一ドリームチームは脱北者で現在韓国で活動しているピアニストの金哲雄(キム・チョルウン)氏、「平壌(ピョンヤン)のキム・テヒ」と呼ばれているタレントのハン・ソヒ氏、崇実(スンシル)大のイ・ジョンチョル教授、東亜(トンア)大のカン・ドンワン教授、中央日報統一文化研究所のイ・ヨンジョン所長ら5人で構成された。司会を務めた国防テレビのキム・ヒヨン・アナウンサーがコンサートの冒頭に「自分にとって統一とは?」と書かれたカードを学生たちに配った。学生たちは受け取ったカードの空欄に思い思いの言葉を書き入れ、主宰側はその中からの受賞作を選んだ。

  1等はカン・ソクチャンさん(崇実大1年)の「統一はポップコーンだ」が選ばれた。カンさんは「劇場になくてはならないおやつのポップコーンのように、統一も青年の未来から外すことはできない」と説明した。2等のキム・ソンウさん(崇実大2年)は「統一はA+単位」と表現した。キムさんは「一途に願っているが、努力しなければ得られることができないため」と解説して共感の拍手を受けた。

  トークコンサートは北朝鮮の音楽の天才たちが入学するという平壌音楽舞踊大学〔現・金元均(キム・ウォンギュン)名称音楽総合大学〕出身の金哲雄氏から始まった。彼は片思いの女性を振り向かせようと演奏したリチャード・クレイダーマンの『秋のささやき』のせいで国家保衛省(韓国の国家情報院に該当)の取り調べを受けたという。この曲が北朝鮮で禁止曲だったためだ。キム氏は「ピアニストがピアノの演奏を思うようにできないことに衝撃を受けた」とし「文化の欠乏のために、結局、脱北を決心することになった」と話した。すると学生たちからこれを残念に思うため息が自然に漏れた。司会者の求めにキム氏は『秋のささやき』を演奏した。

  カン・ドンワン東亜大教授は『統一は母親だ』という主題で講演した。カン教授が「統一は北朝鮮に置いてきた母親に会いに行くこと」と、その背景にある事情を紹介すると、涙ぐむ学生もいた。この日の行事には、統一準備団体「釜山(プサン)ハナセンター」から参加した脱北青少年10人余りの姿も見えた。北朝鮮の韓流を研究してきたカン教授は「北朝鮮住民たちが映像を視聴できる小型メディアプレーヤー『ノートテル』を使って韓国ドラマをUSBに保存して視聴している」と紹介した。

  これについてハン・ソヒ氏は「2000年序盤には『天国の階段』『冬のソナタ』などが人気で、一度見始めると途中で止めることができなかった」とし「こっそり見る面白さは最高だった」と話した。イ・ジョンチョル教授が「自分の目で見て心で感じることが統一だ」と、ドイツと中朝境界隣接地を学生たちと訪問した感想を述べながらトークコンサートを締めくくった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事