<韓米首脳会談>南シナ海めぐる対立に米国が「韓国の役割」求める

<韓米首脳会談>南シナ海めぐる対立に米国が「韓国の役割」求める

2015年10月18日12時37分
[ⓒ 中央SUNDAY/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  共同声明には圧迫と対話という「ツートラック戦略」のうち、圧迫にウェイトが置かれていた。両国首脳は「北朝鮮の完全で検証可能で後戻りできない非核化」を目標に提示し、「核開発は国連安全保障理事会決議違反であり、北朝鮮の公約にも反する」と明確にした。「核実験を強行すれば代価を払うことになるだろう」ともした。

  声明後半では北朝鮮のアキレス腱である人権状況も指摘した。対北朝鮮交渉に対するジェスチャーは「対北朝鮮敵対視政策を持っていない」「非核化に向けた北朝鮮との対話は開いている」など制限的だった。慶南(キョンナム)大学のキム・グンシク教授は「北朝鮮は労働党創建70周年に予想されたミサイル試験などをしなかった。間接的に対話の意向を現わしたものだが、こうした流れをつなげられず残念だ」と話した。

  朴大統領の中国の抗日戦争勝利70年軍事パレード出席後に米国の朝野に広がっていた「韓中密着論」をある程度解消させたのは成果に挙げられる。朴大統領は首脳会談に先立ち「どんな風にも揺らがない友情」と「韓米同盟の躍動的進化」を強調した。米ペンタゴンを訪問し米軍将兵らと「一緒に行きましょう(Go Together)」と叫んだのは象徴的場面だった。訪米中に日本の安倍晋三首相との首脳会談の可能性を示し、米国が望む韓日関係改善のメッセージも投げた。

  これに答えるようにホワイトハウスは「韓中関係と韓米関係はゼロサムではない」とした。共同声明でも「中国とその他当事国との協力を強化していく」とし、「中国役割論」に意味を与えた。

  だが、韓米中の危うい三角構図は共同記者会見場でその素顔を表わした。この席でオバマ大統領は「朴大統領に唯一要請したのは中国が国際規範と法を順守することを望むということ」と口火を切った。「もし中国がそのような面で失敗するなら韓国が声を出さなければならない。中国が法を無視して望むままにするなら韓国にも得にならない」とした。

  これは米中間で対立が続いている南シナ海問題を念頭に置いたものと分析される。両国の首脳会談直後に第三国との問題を、それも大統領が乗り出して言及するのは異例だ。キム・グンシク教授は「南シナ海だけでなく高高度ミサイル防衛(THAAD)体系の韓半島配置問題など米中紛争で“強要された”選択に直面することになるだろう」と話した。亜州(アジュ)大学のキム・フンギュ中国政策研究所長は「米大統領選挙が近づけば米中の緊張は高まるとみられ、韓国はこれに対応できる外交的調整能力が必要だ」とした。(中央SUNDAY第449号)

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事