【時視各角】中国人と共に生きていくこと(1)(上)

【時視各角】中国人と共に生きていくこと(1)(上)

2014年08月21日10時54分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  ある日ふと、「歳月はこれほど流れたのか」「世の中がこれほど変わったのか」と改めて悟ることになる時があるが、私にとっては中国人観光客がそれだった。いつの間にこれほど多くなったのか。あえて中国に行かなくても、中国人が韓国人より多いところを簡単に探せる。中国人の人波が殺到する明洞(ミョンドン)や中国語案内文にあふれたデパートは、今は話題にもならない。

  休日の朝の近所の散歩道は、どうだろうか。釜岩洞(プアムドン)から三清洞(サムチョンドン)に向かう青瓦台(チョンワデ、大統領府)正門前は写真を撮る中国人で渋滞して通り過ぎるのも大変なほどだ。「失礼します」の代わりに「対不起」と中国語の挨拶に言葉を変えなければならない。いつの間にか私の生活に入ってきた中国人、共に生きていく術(すべ)を学ばなければならない時だという気がしたのも、そのためだった。問題はその中国人観光客が「無作法&リッチ」、その2つの顔を持つという点だ。無作法なマナーの悪さは遠ざけて、リッチだけを相手にすることはできないだろうか。だが、そんな事を思い通りにできるものだろうか。

  「無作法な中国人」と生きていくことは決して簡単ではない。無作法な中国人は、中国政府にとっても悩みの種だ。エジプトのルクソール神殿に落書きをしたり、ニューヨークのウォール街にある銅像に乗って写真を撮ってお金自慢したり、ベトナムで拉致されて国恥をかかせたといった例が数多い。ついに中国政府は昨年、「文明旅行指針書」を作った。外国に行ったらきちんと列に並び、お金自慢をせず、その国の文化と秩序にしっかり従えとの内容が主だ。それでも足りずに、外国の文化財や遺跡に落書きすれば最大10日の拘留刑を受けることになる新しい旅行法も通過させた。

  韓国だけを見下してそうしているわけでもないのがせめてもの救いだ。だが、無作法な中国人が韓国で行うふるまいは、目も当てられない。韓国旅行業協会に飛び込んでくる公文書を数枚見るだけでも実態は十分に分かる。先月、景福宮(キョンボックン)管理事務所が旅行協会に送った公文書の要旨はこうだ。「中国人観光客のゴミ無断投棄と喫煙、敷地内の立ち小便が度を超している。私たちの民族の格調を象徴する第1の宮殿でこうしたことが再発しないよう旅行会社が注意してほしい」。

【時視各角】中国人と共に生きていくこと(1)(下)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事