<ゴルフ>申智愛、LPGA最優秀選手賞惜しくも逃す

<ゴルフ>申智愛、LPGA最優秀選手賞惜しくも逃す

2009年11月24日10時59分
[ⓒ JES/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  ちょうど1点差で31年ぶりの大記録更新は失敗に終わった。申智愛(シン・ジエ、21)がLPGAツアー2009シーズンの最優秀選手賞を目前で逃した。しかしLPGAツアーデビュー初年度のルーキーとして新人賞と賞金女王を同時に獲得する立派な成績で今シーズンを終えた。

  24日(韓国時間)に米テキサス州ヒューストンのヒューストニアンゴルフ場(パー72、6650ヤード)で行われた今年最後の大会LPGAツアーチャンピオンシップ(賞金総額150万ドル)の最終第3ラウンド。申智愛はこの日1オーバーで振るわず、通算6アンダーで8位タイに終わった。

  最優秀選手ポイント3点を加算するにとどまった申智愛(159点)は通算11アンダー205打で2位のロレーナ・オチョア(メキシコ、160点)に最優秀選手賞を譲った。最優秀選手ポイントで申智愛に8点差がついていたオチョアは今回の準優勝で12点を獲得し、申智愛を1点差で破った。

  申智愛は「パットがとてもだめだった。私がうまくやれなくて最優秀選手賞を逃したが、非常に残念だ」と感想を述べた。今大会の優勝は7アンダー65で通算13アンダーを記録した(スウェーデン)が手にした。

【ホットクリック】

・ 24番目開発援助委員会(DAC)会員国となった韓国の課題は
・ NHK、東方神起の「紅白歌合戦」出演を発表
・ 【コラム】韓国でアイドルとして生きるには…
・ <スターデート>打率2割2分9厘でシーズン終えた李承燁
・ 早々にアフリカに注目してきた日中、韓国は…
・ LG電子、インドネシアで液晶テレビのシェア1位
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

関連記事