韓国軍のPAC-2迎撃率40%以下…北の攻撃防ぐのは難しく(1)

韓国軍のPAC-2迎撃率40%以下…北の攻撃防ぐのは難しく(1)

2012年10月29日09時56分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
韓国軍が新型パトリオット(PAC-3)ミサイルの導入を推進中だ。写真は在韓米軍が烏山(オサン)空軍基地に配置したPAC-3ミサイル。後ろには旧型PAC-2ミサイルが見える(写真=中央フォト)。
  韓国軍の地対空パトリオットミサイル(PAC-2)の弾道弾迎撃成功率は40%以下であることが分かった。北朝鮮が発射した弾道ミサイルを効果的に迎撃するには命中率が70%以上でなければならないが、これをはるかに下回るということだ。これは、韓国国防研究院(KIDA)と米国防総省ミサイル防衛局(MDA)が2年間かけて行った韓国型ミサイル防衛(KAMD)体系共同研究の結果だ。

  政府消息筋は28日、こうした研究結果を基礎に、「北朝鮮のミサイル攻撃を防御するためにはPAC-3体系に変える必要があるという結論が出された」と述べた。ただ、現行PAC-2の場合、射程距離が70キロにのぼり、速度も音速の5倍(マッハ5)に達するため、航空機迎撃用としては使用可能という。

  24日に第44回韓米安保協議(SCM)出席のためワシントンを訪問した金寛鎮(キム・グァンジン)国防部長官も「PAC-2を改良したPAC-3システムを構築する事業を推進する計画」と明らかにした。金長官が言及した「改良」とは、PAC-3の新規導入または自主開発を意味する。

  これに関し軍関係者は「韓米局長級協議体のミサイル対応能力委員会(CMCC-2)を構成し、キルチェーンおよびKAMD体系の構築を統合して議論する」とし「キルチェーンとKAMDをどう構成するかなど韓国側の構想案を出し、年末までに米側と協議する計画」と説明した。PAC-3導入を既定事実化した。

  シン・インギュン自主国防ネットワーク代表は「韓国型パトリオットの開発には多くの時間がかかる」とし「米軍との情報交流と作戦の効用性を考慮すればPAC-3の導入は避けられない」と述べた。

韓国軍のPAC-2迎撃率40%以下…北の攻撃防ぐのは難しく(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事