<W杯サッカー>ドイツの冷静な評価「韓国は弱い」…戦力分析より監督のファッションに関心

<W杯サッカー>ドイツの冷静な評価「韓国は弱い」…戦力分析より監督のファッションに関心

2017年12月04日13時53分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
申台龍(シン・テヨン)監督
  「Unbekannt(知られていない)」。ドイツが2018ロシアワールドカップ(W杯)グループリーグで対戦する韓国サッカーを眺める視線だ。

  申台龍(シン・テヨン)監督が率いるサッカー韓国代表は2日に行われたロシアW杯組み合わせ抽選会で、ドイツ、メキシコ、スウェーデンと同じF組に入った。2014ブラジルW杯優勝国のドイツは今大会でも強力な優勝候補だ。申台龍監督は「ドイツは強いチームで手強い相手」とし、徹底的な準備を強調した。

  一方、ドイツは韓国をそれほど警戒しない雰囲気だ。同じ組のメキシコとスウェーデンに対する分析が次々と出てきたのとは対照的だ。独ターゲスツァイトゥングによると、ドイツ代表のヨアヒム・レーヴ監督は組み合わせ抽選の直後、「メキシコは信じがたいほど高いレベルの競技力を見せる。技術・戦術的に良いチームだ。軽視できないチーム」と評価した。スウェーデンについては「決して低評価できないチーム。守備が堅い危険なチーム」と話した。

  これに対し韓国の戦力を分析する順になると「孫興民(ソン・フンミン)をはじめ、多くの韓国選手を知っている。彼らは精神力が強く、非常に速い」という程度の形式的な返答をした。レーヴ監督は「アイントラハト・フランクフルト選手時代の1981年、車範根(チャ・ボムグン)と一緒にプレーした。彼は最高の選手だった」と質問と関係がない話もした。

  ドイツメディアは組み合わせ抽選会の直後、韓国代表の戦力を分析する代わりに申台龍監督のファッション感覚を報道した。ビルト紙は「レーヴ監督が自分のクローン(Klon、ドイツ隠語でまがい物)とぶつかる」というとんでもないニュースを掲載した。普段からスーツを好み、試合中にシャツの袖をまくり上げるレーヴ監督を申台龍監督が真似たということだが、ドイツで重要な試合を控えて相手チームの指揮官のファッションに注目するケースはほとんどない。ビルト紙は「2016リオデジャネイロ五輪当時のインタビューで申監督が『レーヴ監督はファッション感覚が優れているが、彼を真似ているのではない』と述べた」とし「監督としての成果について言えば、レーヴ監督と申台龍は似ている点がない。申監督は経験が不足している」と伝えた。2006年からドイツを率いたレーヴ監督は参加するメジャー大会ごとに4強以上の成績を残した。ベルリナーツァイトゥングはメキシコとスウェーデンをついては「過去からのライバル」「イタリアショック」と表現したが、韓国については「未知のチーム」で定義した。

  ドイツのサッカー専門誌キッカーのフランク・ルセム記者の冷静な評価をした。ルセム記者は韓国日刊スポーツ(IS)のインタビューで「弱いチームに分類されるのが韓国代表の現状」と話した。同誌は韓国を紹介し、「韓国の競技力は2002韓日W杯で4強入りした当時と比べて著しく落ちる」と評価した。

  ドイツサッカー協会(DFB)関係者はISの単独インタビューで「ドイツはメキシコ、スウェーデン、韓国がともに警戒している。孫興民(ソン・フンミン)、具滋哲(ク・ジャチョル)らブンデスリーガ出身の選手たちが主軸の韓国は良いチーム」としながらも「ドイツは1994の米国W杯と韓日W杯で韓国と対戦した経験があり、レーヴ監督と選手たちを信じる」と述べた。

  1994米国W杯のグループリーグ予選でドイツを苦しめたキム・ホ元韓国代表監督(現大田シチズン代表)は「米国W杯当時に『韓国はドイツの相手にならない』という評価を受けたが、乱打戦(2-3敗)を見せて世界を驚かせた。相手国の低い評価はチャンスにつながる可能性もある。血のにじむような努力と徹底的な準備が必要だ」と助言した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事