『帝国の慰安婦』の朴裕河教授、月給差し押さえ

『帝国の慰安婦』の朴裕河教授、月給差し押さえ

2016年02月17日09時34分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  慰安婦被害者が起こした名誉毀損訴訟で敗訴し、9000万ウォン(約842万円)を賠償しなければならなくなった『帝国の慰安婦』の著者、朴裕河(パク・ユハ)世宗(セジョン)大教授が月給の半分を差し押さえられることになった。ソウル西部地裁が慰安婦被害女性の債権差し押さえ申請を受け入れたことに伴うものだ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事