「親日人物名簿」3090人を発表

「親日人物名簿」3090人を発表

2005年08月29日17時28分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  民族問題研究所(所長:任軒永)と親日人名辞典編さん委員会(以下編さん委、委員長:ユン・ギョンノ)は、庚戌国恥日(韓日併合条約を締結した日)の29日「親日人名辞典に収録される予定者」の1回目の名簿3090人を発表した。

  名簿には、朴正煕(パク・ジョンヒ)元大統領、小説家・李光洙(イ・クァンス)、金活蘭(キム・ファルラン)元梨花(イファ)女子大学総長、方応謨(バン・ウンモ)元朝鮮(チョソン)日報社長などすでに議論を呼び起こした著名人だけではく、日本の植民支配を非難したコロム「是日也放聲大哭」で有名なジャーナリスト・張志淵(チャン・ジヨン)、盧基南(ノ・ギナム)元天主教大主教、兪鎮午(ユ・ジノ)元高麗(コリョ)大総長、北朝鮮へ渡った俳優・文芸峰(ムン・イェボン)など意外な人物も多数含まれた。

  編さん委によると▽植民支配時代(1910~45)の国権侵奪に協力した者▽日本の植民統治機関に参加した者▽抗日運動を妨げた者▽日本の「皇民化」政策・侵略戦争に協力した者--などが選定の理由。これによって、売国行為者(133人)、中枢院(326人)、「日本帝国議会」の議員(11人)、高等文官以上の官僚(1166人)、警察(521人)、尉官以上の将校(216人)、判事・検事(201人)、親日組織の幹部(467人)、宗教・文化芸術・教育学術界(393人)、マスコミ・出版界(59人)、戦争協力者(207人)など13の分野で3700人が選ばれた。

  分野間の重複を除けば3090人だ。しかし、この名簿は、実際に親日行為を行ったのではなく、単に植民支配時代に公職にいたとの理由だけで、親日派と定義付けていて、批判と反発をもたらしている。ユン・ギョンノ委員長は「今回の発表は1回目の収録予定者であるため、今後、新しい資料が出たり、誤った選定がある場合、追加または削除が可能だ」と伝えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事