<野球>阪神入りの呉昇桓「日本で最高のストッパーになる」(1)

<野球>阪神入りの呉昇桓「日本で最高のストッパーになる」(1)

2013年12月06日09時26分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
呉昇桓(オ・スンファン、31)。
  呉昇桓(オ・スンファン、31)がついに日本プロ野球の阪神タイガースのユニホームを着た。黒い縞模様のホーム・ユニフォームの上着を着て、“阪神・呉昇桓”の誕生を知らせた。

  呉昇桓は4日、ソウルのあるホテルで阪神の中村勝広GMと入団契約書(2年/最大9億円)にサインした。呉昇桓は自身のテーマ曲が鳴り響く中、阪神のチームカラーである黒のスーツに黒ネクタイ姿で登場した。

  中村GMは「阪神は2005年のセントラル・リーグ優勝以降、8年間、優勝経験がない。呉昇桓選手に特に期待したい。直球とスライダーの2球種でも日本で十分に通用する。阪神球団78年の歴史上、韓国選手を迎えるのは今回が初めてだ。リーグ優勝を越えて日本シリーズ優勝まで狙える原動力になることを願う」と話した。

  次は呉昇桓との一問一答。

  --阪神を選んだ理由と阪神の熱狂的なファンに対する印象は。

  「最も大きな基準は、私を必要としていて私の役割をした時に優勝まで狙えるチームかどうかということ。その基準に合うチームが阪神で、初めての接触から契約の時まで誠実に対応してくれた。阪神ファンは釜山(プサン)のロッテファンよりも情熱的だという話をよく耳にした。私がいいプレーを見せれば、応援は倍になると思う。成績が良くない時も日本メディアから出てくる反応は、気を使わなくてもいいだろうと考えている。私は日本語が分からないから(笑)。ポジティブなことだけを考えたい」

  --中村GMが1イニング以上投げるのが印象深いと話していた。

  「メジャーリーグや日本では、1イニングを投げることをよしとしているようだが、私は決まったものはないと考える。状況によっては1イニング以上投げることもある。チームが必要とすればいつでも準備する」

  --直球とスライダー以外に球種を追加するつもりはあるか。

  「韓国でプレーして、時々投げた変化球(カッター、チェンジアップ)くらいは投げるかもしれない。状況に合わせて変化を試みることもありうるが、先ずは直球とスライダー、この2球種に変化をつける考えはない」

<野球>阪神入りの呉昇桓「日本で最高のストッパーになる」(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事