「売国奴と言われながら作り上げた韓日関係…両国首脳が回復してくれたら」(2)

「売国奴と言われながら作り上げた韓日関係…両国首脳が回復してくれたら」(2)

2015年06月22日10時51分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
62年11月12日、金鍾泌中央情報部長(左)が日本の外務省で大平正芳外相と対日請求権資金を交渉している。(写真=金鍾泌元首相秘書室)
  61年に朴正熙将軍を助け5・16を成功させたが国の貧困を追い出し祖国近代化を成し遂げるための元手が必要だった。元手が出てくる所は対日請求権資金しかなかった。李承晩(イ・スンマン)大統領時代から国交正常化交渉が毎回行き詰まったのは請求権資金の金額のためだった。お金をどれだけ受け取ろうが植民地被害の恨と憤怒はなだめられなかった。だれが交渉しても国民的非難は避けにくい構造だった。朴正熙議長は金元首相に対日交渉の密使役を任せた。

  金元首相は池田勇人首相には日本の「韓国分断と戦争責任論」突きつけた。大平正芳外相には戦国時代の織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の「ホトトギス」の古事を取り出した。金元首相は「3人がホトトギスを鳴かせる方法は違う。信長は『鳴かぬなら殺してしまえ』、秀吉は『鳴かせてみよう』、徳川は『鳴くまで待とう』という方法だった。あなたと私はどうにかホトトギスを鳴かせてみようという秀吉式で行こう。交渉を妥結し問題を解決してみよう」と説得した。大平外相が交渉中に態度を変えて妥結側に旋回したのは日本の文学と歴史、言語に精通した金元首相の人間的深さに引かれた側面もあった。

  ――交渉相手は金元首相より20~30歳年上の老練な人でしたが。

  「彼らが太平洋戦争をした戦中世代という点がむしろ交渉に役立った。私もやはり韓国戦争当時に陸軍士官学校8期同期生の40%が戦死した戦中世代だ。戦中世対は戦争の悲惨さと平和の大切さを体験的に知っている。私たちが協力してこそ子孫が恒久的な繁栄を享受できるという以心伝心があった」

  ――安倍首相に望みたいことがあれば。

  「歴史を直視し心から謝罪し反省しなければならない。歴史はいくら覆い隠そうとしても隠せない。日本とアジアの国の間には国境を越えれば英雄が逆徒になり逆徒が英雄になる歴史がある。伊藤博文は日本人には明治維新の元勲だが韓国人には侵略の元凶だ。安倍首相にはこうした点をくみ取れる成熟した精神が足りない。韓国国民も日本と仲が悪くなれば難しくなるという点を認識しなければならない」

  ――両国の戦後世代に頼みたい言葉は。

  「戦後世代は言語や歴史、芸術において戦中世代が持っていた人間的深さと共感を継承するよう望む。お互いを文化的に理解する政治指導者、市民勢力が成長しなければならない。政府間では顔を赤くして対立しても国民間で交流と協力を継続しなければならない」

  今年90歳である金元首相のような戦中世代は歴史の舞台から退いている。韓日間、東アジア・太平洋地域の平和繁栄のために両国が乗り越えなければならない高地は無数に残っている。韓日国交正常化50周年を迎えた韓国と日本には老兵のバトンを受け継ぐ新しい発想の主人公が必要だ。

「売国奴と言われながら作り上げた韓日関係…両国首脳が回復してくれたら」(1)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事