日中「味方増やし」の歴訪外交戦

日中「味方増やし」の歴訪外交戦

2013年05月02日09時12分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  「騒がしかったが中身のない訪問」「経済でロシアを引き込み外交孤立を突破しようとする戦術」。

  新京報など中国メディアは1日、日本の安倍晋三首相のロシア訪問の結果を分析しながらこのようなタイトルをつけた。安倍首相のロシア訪問結果に対する軽蔑と警戒の意味が含まれている。それだけ神経を使っているという話だ。両国は同じだ。尖閣諸島(中国名・釣魚島)の領土紛争と歴史認識問題などの対立点をつくっている日本と中国が、周辺国外交で戦線を拡大している。

  安倍首相は先月30日から2泊3日でロシアを訪問し、プーチン大統領と両国の平和条約締結交渉を再開して、領土紛争対象のクリル4島(日本名・北方領土)問題を「皆が受容できる条件」で解決することに合意した。日本はこれに先立ち先月10日、台湾と漁業協定を締結した。

  中国は3月、習近平国家主席のロシア訪問によって両国のきずなは同盟関係に準ずるほど強化されたと見て、インドと東南アジア外交強化を通じて日本をけん制する戦略を駆使している。

  王毅外相は先月30日からタイ・インドネシア・シンガポール・ブルネイなど4カ国訪問に出た。日本との軍事協力を強化しているフィリピンとベトナムを除いたことは、中国が露骨にこれらの国に不満をあらわしたという分析が支配的だ。李克強首相は今月下旬にインドを訪問して両国協力を強化することにした。李首相のインド訪問は、最近両国の国境紛争による葛藤が増すやいなや、急いで進めていたことが分かった。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事