現代車、新車12車種の物量攻勢へ…復活ペダル踏む

現代車、新車12車種の物量攻勢へ…復活ペダル踏む

2018年01月03日11時22分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
鄭夢九(チョン・モング)現代車グループ会長
  鄭夢九(チョン・モング)現代車グループ会長(80)が2日、新年のあいさつで「(2007年以降年平均6、7車種だった新車を)今年は12車種に大幅に拡大する」と述べた。これは現代車グループ設立以来最も多い。現代車はSUV、起亜車はセダンの新車で国内市場でシェア拡大を狙う。また現代車とBMWが同時に韓国市場で電気自動車のラインナップを増やし、この分野で激しい競争が予想される。

  鄭会長が最初に言及した車種は中型SUVのサンタフェ。鄭会長はこの日、「現代車グループは今年、現代車新型サンタフェおよび大型SUVを発売し、世界各地域でSUVラインナップを強化する」と明らかにした。早ければ2月に国内で第4世代サンタフェの販売に入る。昨年グローバルSUV市場で振るわなかった現代車としては、サンタフェは販売不振を克服する「カギ」となる。サンタフェは年内に米国市場に出した後、年末または来年初めに中国でも販売する。

  サムスン証券のイム・ウンヨン研究員は「この5年間にグローバル中型SUV市場は86%(650万台→1220万台)拡大したが、サンタフェはむしろ販売台数が24万4000台から24万2000台に減少した」とし「現代車の米国販売台数の19%を占める新型サンタフェが成功してこそ、現代車のグローバル実績も反騰する」と述べた。鄭会長が真っ先にサンタフェに言及した理由だ。

  6年ぶりに登場する第4世代サンタフェを牽制するため、韓国GMは昨年から米国で生産しているエクイノックスを輸入して販売することを検討している。米国中型SUV市場でエクイノックスは年間20万台以上(シェア3.9%)売れ、サンタフェ(シェア2.1%)を圧倒した。団体交渉に基づき韓国GMが新車を輸入する場合、労組協議が必要だ。韓国GMは「今年2月に始まる2018年の賃金および団体交渉でエクイノックス輸入販売議論を始め、上半期のエクイノックス導入を推進する」という立場だ。

  国内販売の再開を急ぐフォルクスワーゲンもSUVを強化する態勢だ。販売許可が出ればティグアンのフルチェンジモデルを韓国で販売する計画という。ティグアンは国内での販売中断前、2014年(7061台)、2015年(9467台)と2年連続で輸入車全体のベストセリングカーだった。BMWも今年下半期に中型SUVのX4とX5を韓国で販売する。

  現代車がSUV強化戦略を推進する間、起亜車はセダン市場に注力する。準中型セダンK3と大型セダンK9の新車を準備した。李炯根(イ・ヒョングン)起亜自動車副会長は2日、「起亜車の今年最初の新車K3をグローバルヒット車種に育成し、K9新車を出してブランドイメージを高級化する」と述べた。BMWがニューミニJCW、プジョーが308(マイナーチェンジ)をそれぞれ上半期に出し、K3を牽制する予定だ。

  鄭夢九会長はこの日、「未来の核心技術への投資を拡大し、エコカー大衆化の基盤を固める」と宣言した。現在2車種(アイオニックEV、ソウルEV)の電気自動車を2025年までに14車種に拡大するという内容だ。

  現在、現代車アイオニックEV(7164台、昨年1-11月基準)の1車種が国内電気自動車市場の60%を占めている。ここに今年は現代車コナEVと起亜車ニロEVが加勢する。グローバルベストセラー電気自動車のGMボルトEVを意識した動きとみられる。韓国GMは今年、ボルトEVを少なくとも5000台以上輸入する計画だ。

  BMWも3月までに1回の充電で280-300キロ走行する第2世代の電気自動車モデル2種(ニューi3、ニューi3s)を韓国に出す。下半期には別の電気自動車、2019年式BMWi8と新型i8スパイダーを販売する。

  ◆自動車企業が昨年の販売実績を発表

  韓国自動車5社が2日に発表した昨年の販売実績によると、5社の国内累積販売台数は155万80台と、前年比で2.4%減少した。

  現代車(68万8939台)が国内シェア40%を超え(40.3%)、双龍車(8.0%)はルノーサムスン車(7.5%)を上回った。昨年最もよく売れた車は現代車大型セダンのグレンジャー(13万2080台)だった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事