【コラム】韓流3.0時代を待ちながら

【コラム】韓流3.0時代を待ちながら

2012年02月09日09時16分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  少女時代が10日(現地時間)、フランスの人気テレビトークショーにも出演するという。先週は米国3大地上波放送の看板トークショーに相次いで出演した。韓流ブームが強まっている。東欧圏と南米にも韓国の若者のダンスと歌がブームを起こし始めたというのだから、北朝鮮を除いて全世界に広がる雰囲気だ。

  今まで韓流を主導したのはドラマ(Kドラマ)と歌謡(Kポップ)だった。これとともに注目したいのは、文化体育観光部が1月30日に発足させた「韓流文化振興団」だ。KドラマとKポップがリレーで牽引してきた韓流をKカルチャー(Culture=文化)全般につなぐという構想だ。いわゆる「韓流3.0時代」の開幕を予告し、具体的な事業の第1段階として「伝統文化の創造的発展」を打ち出した。韓国の文化芸術や観光などのレベルを一段階高める資源として、伝統文化を再創造するということだ。

  韓国の国家規模に比べてあまり知られていない伝統文化は再評価されなければならない。韓流の信号弾だったドラマ「チャングム」は言うまでもなく、最近放送された「根強い木」「チュノ~推奴~」のようなドラマも、伝統文化を現代の状況とうまく調和させて人気を呼んだ。伝統は韓流の生命力を継続する宝庫ということだ。こうした点で国学振興院が7日に公開した「ストーリーテーマパーク」は注目される。朝鮮時代の各種日記から選ばれたストーリーをインターネットで見られるようになった。まだ始まりの段階だが、こうした努力が積み重ねれば、『朝鮮王朝実録』のハングル翻訳やCD-ROM作業が90年代以降、韓国の文化各方面の伝統関連コンテンツ水準を数段階アップグレードさせたように、大きな効果が期待できそうだ。

  韓流3.0時代は「人文韓流」の強化と深く関係している。大衆文化が中心になって率いた韓流に深みを加える材料を、人文学担当者らがさまざまな形で提供できるだろう。学術研究支援をする韓国研究財団、漢文資料のハングル翻訳に集中してきた韓国古典翻訳院、大韓民国ブランドの広報を総括する国家ブランド委員会など関連機関が力を合わせなければならない。

  今回の「韓流文化振興団」は文化部第1次官と企画調整室長が団長・副団長を務め、文化芸術局長を総括幹事として主要実務責任者が参加し、一種の「韓流シンクタンク」の役割をするという。年次行事計画だけに終わらないことを望む。

  ここで一つ考えてみよう。果たして大韓民国が経済的に苦しく、政治的に不安定なら、韓流は可能だっただろうか。過去60余年間、私たちが成し遂げてきた政治的民主化と経済的成長が世界的に注目されるほどの成功例と評価されているため、こうした成功を生み出した躍動的なダンスに世界が一緒に踊っているのではないだろうか。こうした点で、私たちの5000年の歴史と伝統も新たに再評価されるのではないかと期待してみる。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事