<野球>イ・デホ、9本連続本塁打世界新「欲と自信の境界に立つ」

<野球>イ・デホ、9本連続本塁打世界新「欲と自信の境界に立つ」

2010年08月15日10時51分
[ⓒ JES/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
イ・デホ
  



  世界記録。そしてKIA戦勝利。ロッテのイ・デホ(28)の表情が今ようやく明るくなった。

  イ・デホは14日、光州KIA戦で2回、キム・ヒゴルのフォークボールを打って3点本塁打を放った。9試合連続本塁打でイ・デホはケン・グリフィージュニアを含む米国大リーグ(8試合連続本塁打)記録まで越えた。

  --世界記録を立てた所感は。

  「チームが勝ってうれしい。この2試合はホームランを放っても敗れたが、今日は重要な試合で勝って気持ち良くインタビューを受けられた」

  --本塁打を打った瞬間は。

  「キム・ヒゴルが以前にも私にフォークボールをよく投げた。だからフォークボールを狙っていたのだがうまく当たった。打球方向が外野フェンスに向かったが、自分の力を出し切ったと思ったので本塁打になると信じた」

  --記録が負担だったと思うが。

  「意識しないように努力した。皆さんが関心を持ってくれていることを知っていたが、試合前、あまり話さないように心がけた。良い記録を出せば良い記事が出るから。2006年にはファンやメディアを意識して多く話しすぎたが、今は違う」

  --もう38号本塁打だ。

  「シーズンの前30本塁打を目標にしていた。しかしもうその記録は超えた。今からは自分自身との戦いだ」

  --以前のシーズンと変わった点は。

  「特別に変わったことはない。ただ以前よりフェンスにぶつかる打球が少なくなった。飛距離が数メートル伸びてホームランが増加したようだ。重いバット(現在930~950グラム)を使っているのが役に立ったようだ」

  --連続試合本塁打を放つうちに自信が生まれたようだが。

  「自信はついた。自分の長所であると同時に短所でもある「打ちたくてたまらない」打撃だ。しかしそれは欲かもしれない。(キム・ムグァン)打撃コーチが常におっしゃるのが「打者は欲と自信の間にいなければならない」ということ。そのバランスを取るために努力している」

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

関連記事