来韓したヘレン・クラークUNDP総裁「北朝鮮に来年250万ドル支援」(2)

来韓したヘレン・クラークUNDP総裁「北朝鮮に来年250万ドル支援」(2)

2009年11月24日09時37分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  -- 9月、2年ぶりにUNDP平壌(ピョンヤン)事務所をまた開いた。どんな活動をする計画か。

  「来年はエネルギー支援と生活必需品供給、正確な統計の調査など6つのプログラムを進行する計画だ。支援規模はあまり大きくない250万ドル水準と考えている」

  --2年前、UNDPの北朝鮮支援資金のうちの一部が北朝鮮政権に転用されたという論難で平壌事務所が閉鎖された。再発防止策は。

  「平壌事務所再開は米国、日本などが出席したUNDP取締役会の決定によるものだ。当時、広範囲な調査が行われ、多くの疑惑が解消された。UNDPは多くの権威主義国家でも活動しているということを念頭に置かなければならない」

  ◆ヘレン・クラーク=1993年ニュージーランド労働党代表になった後、99年総選で勝利して首相になった。以後2度の政権維持に成功したが、昨年の総選挙で敗北し、政権を渡した。今年5月、UNDP総裁に任命された。

来韓したヘレン・クラークUNDP総裁「北朝鮮に来年250万ドル支援」(1)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事