大邱少女像を叩いたりなでたりしていた男性の正体は…中学生

大邱少女像を叩いたりなでたりしていた男性の正体は…中学生

2018年07月12日08時28分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
大邱中区2・28記念公園に設置された平和の少女像を1人の男性がなでている。(写真=フェイスブック「リアルタイム大邱」)
  大邱市中区(テグシ・チュング)2・28記念公園に設置された平和の少女像を軽く叩いたりなでたりするなどの行為をしていた男性の映像が問題になっている。

  11日、フェイスブック「リアルタイム大邱」に掲載された映像に登場した男性は、少女像の頭を手に持っていた何かで軽く叩いたり、頭や胴を1分間ほど触ったりしている。

  この映像を見たネットユーザーは、少女像に不敬行為をはたらいた人は処罰するべきだと声を高めている。

  大邱警察によると、該当の映像は今月9日午後6時17分ごろに発生した出来事を撮影したものだ。当時、警察は届出を受けて現場に出動し、この男性はパトロールカーを見て派出所に自ら出頭した。

  この男性は中学3年生の16歳の少年であることが分かった。

  警察関係者は「本件以外にも類似の犯罪行為がなかったかどうか、追加で取り調べる予定」と明らかにした。

  昨年10月にはある男性が同じ少女像にキスをしようとしている写真をSNSに掲載して非難を浴びていた。

  当時、大邱平和の少女像建立汎市民推進委員会関係者は「現在、少女像はき損されていない状態ということで、ひとまずハプニングとして受け入れるつもり」とし「こういうことが繰り返されたり少女像がき損されたりするようなことがあれば、監視カメラもあるので確認して対処する」と明らかにしていた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事