米国、韓米FTA改定に続き日本にも通商圧力? 「牛肉関税引き下げを」

米国、韓米FTA改定に続き日本にも通商圧力? 「牛肉関税引き下げを」

2017年10月06日07時29分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  米農務長官が日本との2国間貿易交渉の必要性を強調し、トランプ大統領が11月に訪日する際、日本に対する市場開放圧力が強まると予想されると、朝日新聞が5日報じた。

  パーデュー長官は4日(現地時間)、ワシントンでの講演で「牛肉、豚肉、乳製品やその他多くの製品にかかる高い関税を引き下げたい。日本との2国間の貿易交渉に入りたい」と述べた。

  同紙は今月の日米経済対話と来月のトランプ大統領の訪日が予定されているとし、この席で農業問題が協議される見通しだと伝えた。

  パーデュー長官は「日本もすばらしい市場で、率直に言ってもっと改善できる。日本との地政学的な関係も優遇措置につながると思う」と話した。また、トランプ大統領の来月のアジア訪問について「彼の政策立案者に農業分野での機会について助言している」とし、トランプ大統領のアジア訪問が市場開放の好機になるとの見方を示した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事