「韓国ゴルフが怖い」 出場資格を強化したJLPGA

「韓国ゴルフが怖い」 出場資格を強化したJLPGA

2011年03月10日18時11分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)が「韓国選手は強すぎる」として、外国人選手の日本国内大会出場条件を今季から大幅に強化した。

  JLPGAは最近、総会を開き、今季から出場義務大会の数を増やし、予選参加条項を強化する内容の大会改正案を通過させた。 韓国など外国人選手の出場機会を減らし、日本人選手を有利にする条件を設けたのだ。

  今季から新しく適用される規定は大きく2つ。まず、義務出場大会数を厳格に適用することにした。 世界を舞台にしている韓国選手でも、日本国内大会全体の20%(約7大会)に出場しなければ来季の出場が不可能となる。 日本メディアは韓国選手のうち申智愛(シン・ジエ)、朴仁妃(パク・インビ)らがこの条件を満たす必要があると分析した。

  二つ目は予選大会出場の義務化だ。 日本の女子プロゴルフ大会は約100-120人の選手が出場するが、前年の賞金ランキング上位50位までは普通、翌年の全大会に出場できる。 問題は残り50-70人の選抜だ。 日本ではこの枠の選手を選抜するため、8月に1次、11月に2・3次、12月に4次予選を行ってきたが、その間、米国・欧州・韓国などのツアーで好成績を収めた選手は1-3次が免除され、4次さえ通過すればよかった。 しかしこれを改め、1-4次予選にすべての選手を参加させて競わせることにした。 予選を長期間にわたって行えば、複数の国を行き来して活動する韓国および外国選手は日程調整が難しくなる。

  日本メディアは「昨年は34大会のうち外国選手が17勝(うち韓国が15勝)し、観客数が前年比で10%ほど減り、テレビ視聴率も1.2%低下した」とし「同じ現象で大会数が急減した米LPGAの前轍を踏まないのための措置」と分析した。

  しかし今回の改正を主導した樋口久子JLPGA相談役は「国際化もよいが、コミュニケーション不足およびマナーの欠如、ファンサービスなど(JLPGA)会員としての社会貢献が崩壊することを憂慮した措置」と‘マナー’にまで言及し、物議をかもしている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事