双竜自動車「G4レクストン」、発売2カ月で欠陥議論

双竜自動車「G4レクストン」、発売2カ月で欠陥議論

2017年07月11日09時25分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
双竜自動車「G4レクストン」(写真=中央DB)
  大型スポーツ多目的車(SUV)の双竜(サンヨン)自動車「G4レクストン」が発売2カ月ぶりに欠陥議論に巻き込まれた。双竜自動車は6日から全国の双竜自動車事業所で「G4レクストンの一部トリム修理を実施する」と公示した。これに対し一部消費者は「ブレーキ関連の重大欠陥」と主張するのに対し、双竜自動車は「単純な騒音」という立場だ。

  G4レクストンのトリムは「ラグジュアリー」「プライム」「マジェスティ」「ヘリテージ」の4種類だ。このうち双竜自動車は基本価格3950万ウォン以上の高価格モデルのトリム(マジェスティ、ヘリテージ)に「マルチリンクサスペンション」を適用した。より多くのリンクが車軸を支持するサスペンションだ。これに対し低価格モデルのトリム(ラグジュアリー、プライム)には「5リンクサスペンション」を適用した。左右両輪をひとつの車軸に連結しており、車軸を5つのリンクが支持するので5リンクサスペンションと呼ぶ。

  問題になったのは5リンクサスペンションだ。本来はエンジンをかけアクセルを踏めば電子式駐車ブレーキのパッドが自動でブレーキディスクから離れるのが正常だ。だがG4レクストンの一部5リンクサスペンションは車が動くのにブレーキパッドが数秒間ディスクから離れない現象が発生したというのが双竜自動車の説明だ。

  ブレーキパッドがディスクから離れていなければブブゼラのような音が聞こえる。この騒音をG4レクストン同好会員はブレーキ欠陥だと主張している。車両で衝撃・振動を最も多く受けるタイヤを支えるサスペンションの問題は欠陥というのが彼らの論理だ。国土海洋部は現代自動車「LFソナタ」「ジェネシス」など3モデルの計器パネルでパーキングブレーキが単純に点灯しないという理由だけで先月16日に強制リコール実施を命令している。

  これに対し双竜自動車は「5リンクサスペンションは単純に車両内部で騒音がよく聞こえる構造であるだけで、安全運行に影響を与えたりはしない」という立場だ。

  また、双竜自動車が1日から低価格トリム車種に「70万ウォンを追加すればマルチリンクサスペンションに交換」という選択仕様(オプション)を追加した事実も議論の的だ。新車発売2カ月で選択仕様を調整するのは異例だ。G4レクストンの一部オーナーはこれを「5リンクサスペンションの欠陥を隠そうとする措置」と反発する。「『高級SUVにマルチリンクサスペンションは必須』と説得する形で、自然に5リンクサスペンションの欠陥を隠そうとする意図」という主張だ。

  これに対し双竜自動車は「営業の第一線で下位トリムもマルチリンクサスペンションを選択できるようにしてほしいという要請が殺到して選択仕様を調整しただけで、サスペンションの騒音とは全く関係ない」としている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事