ソン・ヘギョやスジもセウォル号追慕…韓国芸能界は黄色一色

ソン・ヘギョやスジもセウォル号追慕…韓国芸能界は黄色一色

2017年04月17日07時18分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
女優のソン・ヘギョ(左)と歌手のスジ
  4月16日。韓国スターのSNSはセウォル号追慕を象徴する黄色一色となった。セウォル号3周忌を追慕するコメントも相次いだ。

  16日、女優のソン・ヘギョや歌手のスジ、パダ、ソン・ダムビ、G-DRAGONらは自身のSNSにそれぞれの方法でセウォル号3周忌を迎えた。

  ソン・ヘギョは黄色の船の下に0416という数字が書かれたイメージを、スジは海の上に黄色のリボンと「REMEMBER 2014.4.16」というメッセージが入った写真をそれぞれ掲載した。

  ソン・ダムビも黒地に黄色のネオンサインのリボンが見えるイメージと「2014.04.16」という日付を添え、パダは「私たちみんなが記憶する海の上に星たちのためにいつも祈ります。愛しています」というコメントとともに黄色い船が描かれたイメージを公開した。

  その他にも歌手のユン・ジョンシンやイ・スンファンをはじめ、ソルビやキム・セロン、ジスク、イ・シヨンらも次々と追慕メッセージを届けた。特に、毎月音源を発表する「月刊プロジェクト」を進めている歌手のユン・ジョンシンは、2014年4月の投稿をキャプチャーして当時を振り返った。

  また、俳優のパク・ヘジンは全羅南道珍島(チョルラナムド・チンド)の彭木(ペンモク)港を訪問して静かに追慕をした。この事実は複数の市民のSNSによって伝えられた。

  この他にも放送関係者の間でも追慕が続いた。

  SBS(ソウル放送)は16日、放送予定だった音楽番組『人気歌謡』をセウォル号を扱ったドキュメンタリー番組『それが知りたい』の再放送に差し替えた。JTBC『キム・ジェドンのTALK TO YOU』でも、およそ540人の聴衆と一緒にセウォル号惨事当日を振り返った。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事