【その時の今日】福沢諭吉…侵略戦争正当化した日本右翼の元祖

【その時の今日】福沢諭吉…侵略戦争正当化した日本右翼の元祖

2009年08月12日12時06分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  「天は人の上に人を作らず、人の下に人を作らず」天賦人権を叫んだ日本の代表的啓蒙思想家、福沢諭吉(1835~1901)。1854年からオランダとイギリスの近代学問である蘭学と英学を独学で学んだ彼だったが、1862年、ヨーロッパ探訪時、彼の目前に開かれた世の中は本の中の世界とあまりにも違っていた。特に西欧近代の産物である民主主義の基本制度はまったく理解することができない別の世界の話だった。

  「選挙法というのはどんな法律で、議会というのはどんな官庁なのかと問えば、あちらの人は笑ってばかりだった。保守党と自由党という党派のようなものがあって互いに負けずに押されないように猛烈に争うという。太平泰平の天下で政治的な争いをするとは。一体分からない。あの人とこの人が敵だと言いながらも一緒に食事もし、酒も飲む。全く理解ができない」1862年、パリの国立自然史博物館に立ち寄った際、撮った伝統的な侍の服に刀をさした彼の写真(東京大学史料編纂所所蔵)が物語るように、明治維新(1868)に33年先立って生まれ、正確に33年後に死んだ彼の頭の中は西欧「近代」と日本「伝統」が互いに衝突する戦地だった。

  しかしそのとき西洋は文明で東洋は野蛮という非西洋に対する西洋の差別論理であるオリエンタリズムは彼の脳裏の奥深く刻印された。

  もう彼の目に朝鮮は連帯して協力する相手ではなく、日本が「文明化」させなければならない侵略の対象と映った。1885年3月16日付時事新報に掲載された「脱亜論」はこれを雄弁する。「今日を図ることにおいて我が国は隣国の開明を待って一緒にアジアを興す余裕がない。むしろその隊伍から脱して西洋の文明国と進退をともにし、あの中国・朝鮮と接触する方法も隣国だから特別に見てあげるのではなく、まさに西洋人がこれらと接触する方式に従って処理するだろう。悪友と親しくなれば悪名を免れにくい。我々は心よりアジア東方の悪い友達を謝絶しなければならないだろう」

  アジアの多くの国を見下して侵略を肯定した彼は、侵略の過去史を誇らしい歴史としようと右翼勢力と日本列島で吹き始めた嫌韓流を生んだ父だ。1万円券紙幤の肖像人物として福沢が生きて呼吸する今日。一世紀前の暗い失敗の歴史にリピートマークを打たないために我々は彼を記憶しておかなければならない。

【ホットクリック】

・ 台風に地震…同時多発自然災害がアジアを強打
・ 鳩山民主党代表「首相として靖国参拝しない」
・ 韓国初の宇宙ロケット「羅老」、19日に打ち上げ
・ 好調の韓国産タイヤ、世界3位も遠くない
・ 大学サッカー韓日戦、2-2で引き分け
・ ドイツ銀行「韓国証券市場、アジアで最も低評価された市場」
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事