【社説】米朝会談前夜の異常気流、北朝鮮の非核化を成し遂げるべき

【社説】米朝会談前夜の異常気流、北朝鮮の非核化を成し遂げるべき

2018年06月08日13時11分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓半島(朝鮮半島)の運命を決める米朝会談を控えて異常気流が流れている。北朝鮮を一回(one-shot)のビッグディールで完全に非核化するとしていた米ドナルド・トランプ大統領がシンガポール会談に次ぎ、第2回の首脳会談を提案する可能性があるということだ。第1回の首脳会談は12日、シンガポール・セントーサ島のカペラホテルで行われる予定だ。大統領上級顧問のケリーアン・コンウェイ氏も6日のインタビューで「会談は1回以上になる可能性があり、核交渉には2回、3回、4回、5回の会談が必要になるかもしれない」と述べた。このような現状において、北朝鮮の完全な非核化のための米国の誘引戦略だと肯定的な評価もある一方、ずるずると引き延ばされるのではないかとの懸念もある。北朝鮮の遅延戦術に米国が過去のように巻き込まれるのではないかということだ。

  このような状況の中、北朝鮮が沖縄も射程圏内に入る新型弾道ミサイル北極星2型の試験発射台を撤去しているとの外信報道があった。それが事実ならば、先月の豊渓里(プンゲリ)核実験場閉鎖に次ぐ嬉しい知らせだ。北朝鮮が米国との首脳会談に先立ち、目に見える事前措置として核ミサイルに関わる核心施設を一つずつ除去しているという青信号だ。さらにトランプ大統領は「ナン・ルーガー計画」について報告を受けたという。この計画は従来ロシア、ウクライナなど旧ソ連地域における核兵器の解体に必要な技術と資金を支援するために米国が作ったのものだ。「ナン・ルーガー計画」では核科学者を民間に転換するのに必要な資金まで支援した。北朝鮮にもこのような計画を適用すれば、再び核兵器を開発できないように誘導できる。米朝間で非核化交渉が具体化されているという兆しだと分析できる。

  だが、北朝鮮版「ナン・ルーガー計画」が稼動すれば、その費用の多くを韓国が負担する可能性が大きい。しかし、韓国政府がどれだけこの議論に関わっているのかはまったく話が聞こえてこない。韓国政府は第2回米朝首脳会談に関しても一切言及していない。むしろ北朝鮮の非核化よりも、反米感情や在韓米軍縮小につながる終戦宣言にばかりこだわっている気がする。米国はシンガポール会談で、北朝鮮と非核化の原則的合意のみ宣言する見通しだが、韓国政府は南北米終戦宣言を急ぐ雰囲気だ。北朝鮮が非核化を完了する前に、あらかじめ対北朝鮮支援に乗り出そうとしているのではないか、韓国国民は懸念している。

  韓国政府は北朝鮮の完全な非核化という目標達成に支障がないよう、もう一度検討してほしい。

  北朝鮮の非核化が1次的には韓国に対する重大な威嚇を除去することであり、韓半島平和体制構築はその次だ。このような点で、北朝鮮の非核化は米国だけの目標ではない。韓国により一層重要な目標だ。おりしも米下院が核開発プログラムに関する詳細な報告書の提出をトランプ政権に義務付ける法案を提出した。トランプ大統領が政治的に活用することをけん制するためだ。それだけに韓国政府も単なる北朝鮮非核化の仲介の役割にとどまらず、韓米チャネルを稼動して積極的に取り組まなければならない時期だ。
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事