韓経:世界アルミニウム業界「中国の減産を議論する協議体を」

韓経:世界アルミニウム業界「中国の減産を議論する協議体を」

2017年03月21日11時16分
[ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  世界アルミニウム業界が20カ国・地域(G20)に中国の過剰生産阻止を要請した。

  19日(現地時間)のフィナンシャルタイムズ(FT)によると、米国・欧州・カナダアルミニウム生産者協会はG20の首脳に送った書簡で「世界最大アルミニウム生産国の中国の過剰生産問題を扱う協議体を創設するべきだ」と伝えた。今年夏にドイツのハンブルクで開催される予定のG20首脳会議で国際協議体を創設する案が議題として扱われることを望むということだ。アルミニウム生産者協会の主要会員企業は英リオ・ティント、米アルコアなどグローバル鉱山企業。

  国際鉱山企業は書簡を通じて「この状況(中国の過剰生産)は国際貿易を深刻に歪曲するだけでなく安定性も毀損している」と指摘した。露アルミニウム生産者協会も国際協議体創設案を支持すると明らかにした。

  国際アルミニウム協会(IAA)によると、1月の世界アルミニウム生産量は526万8000トンと、月別基準で過去最高を更新した。中国アルミニウム生産量は全体生産量の世界全体の56%の295万トンにのぼる。これは前年同月比19%増。

  アルミニウム価格は19日のロンドン金属取引所(LME)で前日比0.5%下落した1トンあたり1905.75ドルで取引を終えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事