幹細胞研究権威のソウル大教授、国際学術誌の論文で写真操作疑惑

幹細胞研究権威のソウル大教授、国際学術誌の論文で写真操作疑惑

2012年06月04日08時38分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国の幹細胞分野で最高権威者のソウル大学獣医学部の康景宣(カン・ギョンソン)教授の国際学術誌論文で写真操作疑惑が起きている。康教授の幹細胞関連論文の実験写真が同じ論文の他の写真に重複して使われるなど問題があるという。最近同じ大学のカン・スギョン教授の論文が実験写真の重複問題によって掲載を取り消されたのに続き似たような疑惑が相次いで起きている。

  今回の写真操作疑惑もやはりカン・スギョン教授の論文問題を初めて提起したポステック(旧浦項工科大学)生物学研究情報センター(BRIC)で提起された。匿名の情報提供者は3日、「康景宣教授が4月10日に米国学術誌の酸化還元信号伝達(ARS)のオンライン版で発表した論文で写真が重複掲載された。操作は明白だ」と主張した。彼は「論文の写真のうちひとつ(5J)は他のひとつ(5H)を180度ひっくり返し重複して使ったものであり、サンプル数は5個なのに対照群数は6個と異なる」と指摘した。種類が違う実験で同一写真が巧妙に重複して使われたもので操作は明らかだという主張だ。康教授はこの論文の責任著者であり、カン・スギョン教授も共著者として参加した。

  これに対して康教授は、「現在出張中であり、ソウル大学を通じてだけ釈明する」と話した。 ソウル大学のイ・ジュンシク研究処長は「康教授研究チームが疑惑提起文を発見し、研究ノートと実験データなどを確保した。獣医学部はこの資料を基に論文に対し4日中に検討結果を出すだろう」と話した。イ処長は「写真操作ではなく単純ミスの場合が大部分であり、オンラインに論文が掲載された後で単純ミスが発見されればこれを修正し印刷本(ハードコピー)に出したりもする」と話した。カン・スギョン教授も「継続して論文ねつ造疑惑が提起されるのは特定の誰かが悪意で間違った情報を出しているもの。研究真実性委員会の調査を受けた後で後続措置を取るだろう」と話した。康教授はカン・スギョン教授が釜山(プサン)大学医学部に在職していた時から2007年以後だけで25本の論文を共同で発表してきた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事