「ナッツ・リターン」大韓航空前副社長の経営復帰…「グループのホテル業務総括」

「ナッツ・リターン」大韓航空前副社長の経営復帰…「グループのホテル業務総括」

2018年03月30日07時49分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
大韓航空の趙顕娥前副社長
  「ナッツ・リターン」事件で大きな社会的物議をかもし、パワハラの論争を巻き起こした大韓航空前副社長の趙顕娥(チョ・ヒョナ)氏が韓進(ハンジン)グループ系列会社の社長に復帰する。

  韓進グループは趙顕娥氏が韓進KALの子会社であるKALホテルネットワークの登記役員(社長)としてホテル経営に復帰すると29日、明らかにした。趙氏が経営に復帰するのは「ナッツ・リターン」事件以降3年4カ月ぶりだ。

  趙氏の復帰はこの日、ソウルKALホテルネットワーク本社で開かれた定期株主総会で選任案件が通過されることで決定された。KALホテルネットワークはグランドハイアット仁川(インチョン)、済州(チェジュ)KALホテル、西帰浦(ソギポ)KALホテルなどを運営しているホテル専門企業だ。

  韓進グループは「趙顕娥前副社長は長い間、韓進グループ関連国内外ホテルを経営してきた豊富な経験を踏まえてホテル関連業務を総括する予定」と説明した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事