女優イ・ヨンエ、ドラマ『師任堂』で11年ぶりにカムバック…日中で関心集中

女優イ・ヨンエ、ドラマ『師任堂』で11年ぶりにカムバック…日中で関心集中

2015年03月25日13時46分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
女優イ・ヨンエ
  女優イ・ヨンエが11年の空白期間を破り、ドラマ『師任堂、the Herstory』(以下、『師任堂)』、原題)でカムバックすると明らかにして話題を集めている。

  25日、ドラマ製作会社グループエイト側は「女優イ・ヨンエがドラマ『師任堂』への出演を確定させた。来年度上半期の放送を目標に、本格的な製作に突入する」と明らかにした。

  続いて「イ・ヨンエ合流の便りが伝えられるや日本や日本をはじめ海外主要ドラマ関係者の問い合わせがひっきりなしに入っている。特に、中国の場合は同時放映もあわせて検討している」と付け加えた。

  ドラマ製作関係者は「企画段階から申師任堂はイ・ヨンエを念頭においてつくったと言っても過言ではない。イ・ヨンエの古風で優雅なイメージと師任堂がよくマッチすると判断した。イ・ヨンエが創りだす師任堂がどのようになるか、今から期待される。来年初めの放送を目標に事前製作を準備中」と明らかにした。

  『師任堂』は朝鮮時代の師任堂申氏の人生を再解釈した作品で、天才画家・師任堂の芸術魂と不滅の愛を描く。劇中、イ・ヨンエは韓国美術史を専攻している大学講師と申師任堂の1人2役を演じ、偶然発見した師任堂の日記と謎の美人図にまつわる秘密を探る過程を過去と現代を行ったり来たりしながら多彩な演技で描き出す予定だ。師任堂は『お向かいの女』『二度目のプロポーズ』『アンニョン!コ・ボンシルさん』で女性視聴者から絶大な人気を誇るパク・ウンリョン作家が執筆を引き受けた。事前製作で来年上半期に放送予定。6月から本格的な撮影に入る。

  一方、イ・ヨンエは2004年に幕を下ろしたMBC(文化放送)『宮廷女官チャングムの誓い』以降、ドラマ出演がない。最後の作品は2005年パク・チャヌク監督の映画『親切なクムジャさん』だ。『師任堂』はイ・ヨンエの10年ぶりの演技復帰作で、11年ぶりのお茶の間カムバックで期待を集めている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事