【海軍哨戒艦沈没】生存将兵たち、脱出瞬間の証言

【海軍哨戒艦沈没】生存将兵たち、脱出瞬間の証言

2010年04月11日10時10分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  「必ず生きて帰って来てと言って救命艇・救命浮輪を残した」--。

  チェ・ウォンイル天安艦艦長(海軍中佐)と生存将兵たちは沈没事件が起こった先月26日夜11時、離艦直前、残った将兵が水中から脱出できるよう救命艇と救命浮輪を残していたと海軍が9日、明らかにした。特にチェ艦長は緊迫した状況で「皆、落ち着いて。全員助かる。敵の挑発かもしれないので、体を低くして周辺を察するよう」と隊員たちに指示し、冷静に救助作業を指揮したと生存した乗務補助員たちが証言した。天安艦爆発直後船が右に倒れて負傷者が続出した状況で乗務補助員たちは互いを救助する戦友愛を発揮した。

  通信長であるホ・スンヘン上士は最初に指揮官であるチェ艦長を救助した。彼は艦長室のドアがひっかかっていたため、槌や消火器などでドアを壊し、消化ホースで倒れていた艦長を引き上げた。チェ艦長も自分のライフジャケットを負傷したオ・ソンタク上士(兵器長)に着せた。

  引き続き、部長であるキム・ドグォン少領には「人員を把握し、高速艇渓流可能な位置を尋ねろ」と指示し、甲板先任下士イ・グァンヒ中佐に艦の内部の生存者捜索作業を指示した。キム少領は何も見えない停電状態で甲板外部から通じるドアを見つけて開放し、その後、艦内の乗務補助員たちが脱出することができるよう“生命路”を作った。

  戦闘状況室イ・ヨンギュ下士(電探)は下半身がけんれんして動けないソ・ボソン下士(射撃統制)を背負って救助した。当直士官で艦橋にいた作戦官パク・ヨンス大尉は、艦橋右に飛び出した隊員たちに戦闘状況に備えた浮力防弾胴衣と救命ジャケットを着用させ、艦の外部に抜けた。イ・グァンヒ中佐は艦橋右で肉眼監視をしていたが、衝撃でぶら下げられたコン・チャンピョ下士を引き上げて左の隔壁の方に脱出させた。彼はすでに水に沈みはじめた右に移動して救命艇を浮かべ、遭難信号を自動発信させ正確な位置を知らせた。

  兵も仲間を助けた。天安艦1階の常備弾薬庫にいたアン・ジェグン上兵は危急状況で「救助物品を揃えよう」と各寝室から履き物12足、救急箱、救命ジャケット5枚、服類を持って甲板に運んだ。アン上兵は続いて砲術部、作戦部乗務補助員の寝室に残された将兵がいないか確認し、艦長に報告した。

  寝室にいたキム・ジョンウン上士は当時大きな役割をした英雄の1人だ。彼は負傷したキム・ビョンナム元士、オ・ドンファン、キム・ドクス、チョン・ジョンウク上士ら4人を脱出させた後、足が使えないシン・ウンチョン下士も救助した。続いて高速艇が近付くと海に跳びこんで救命艇4つを確保した。海軍関係者は「生死を分ける緊急な状況で冷静に仲間を救助した生存将兵たちも海軍の英雄だ」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事