韓国女性優越主義団体メンバー、聖体を火で燃やす…天主教側「見過ごすことできない」

韓国女性優越主義団体メンバー、聖体を火で燃やす…天主教側「見過ごすことできない」

2018年07月11日15時59分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
天主教の聖体を火で燃やしたと問題になっている写真(写真提供=読者)
  一部女性の過激な「男性嫌悪」が宗教界まで広がる中、韓国天主教(カトリック教)主教会の関係者は11日、「カトリックの立場では、投稿文が載せられた背景と関係なく、公開的な聖体冒とくをこのまま見過ごすことはできない。どんな形だろうと遺憾表明をする」と明らかにした。

  今月10日、韓国女性優越主義コミュニティ「WOMAD」のあるメンバーは「イエスXXXを燃やした」というタイトルの投稿文で、聖堂でもらってきたという聖体(カトリック教においてミサで聖別された特殊なパン)にイエスを冒とくする落書きをして火で燃やした写真を載せた。投稿者は「ただ小麦粉を焼いて作った煎餅なのに、天主教ではイエスXXの体だXXだと言って神聖視する」とし「女性を抑圧する宗教はすべて消えろ」としている。また「最初の人間が女であることが明らかになってずいぶん経つのに、まだ時代遅れなことに『アダムの肋骨から出てきたイブ』などという戯言やそれを伝播するXXは滅亡するべきだ」とし「天主教は今でも女は司祭になれないようにし、堕胎罪の廃止を絶対してはならないと女性人権政策にいちいちXXXを言っているが、(このような)天主教を尊重しなければならない理由がどこにあるのか」と続けた。

  天主教でパンの形をした聖体は現存するイエス・キリストの体を称する。これを傷つける行為は神聖の冒とくとみなされている。天主教の人々はこの領聖体意識を最も神聖な信仰意識の一つと考えている。

  WOMADでこの投稿文を見て申告したと明らかにしたネットユーザーは「聖体に『悪口混じりの落書き』をして『火で燃やす』までするのは、カトリックにおいて『大罪』である聖体冒とくを犯した」とし、怒りと驚愕を抑えることができなかったが落ち着きを取り戻した後、天主教の3つの機関に知らせたと伝えた。

  特に、投稿者は聖体の写真の下に「イエスXXの体を食べずに持ってきた。イニよ」と書いた。「イニ」は文在寅(ムン・ジェイン)大統領の名前の最後の字「寅(イン)」から取った愛称だ。これについて、ネット上では天主教信者である文大統領を非難するためのものだという意見も出ている。天主教界はまだ公式立場を明らかにしていないが、今回の事案を深刻に受け止めている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事