「空飛ぶクルマ」競争にトヨタも挑戦状(2)

「空飛ぶクルマ」競争にトヨタも挑戦状(2)

2017年05月16日09時15分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  欧州では交通渋滞問題を解決するために空飛ぶクルマの開発が始まった。米国の人口より1億7000万人多い約5億人が居住する欧州で交通混雑解消は緊急な問題だ。自動車が空を走れば道路で発生する渋滞問題を一挙に解消できる。

  2011年に欧州連合(EU)は620万ドルを出資して空飛ぶクルマの開発を始めた。その後航空機メーカーのエアバスがドローンと電気自動車を組み合わせた炭素繊維素材のフライングカーを発表し、オランダで開発された量産型飛行カーのリバティーが2018年に顧客に引き渡される予定だ。スロバキアのベンチャー企業エアロモービルは「エアロモービル3.0」を2014年に開発し、今年から予約を受けている。

  各国がフライングカープロジェクトに取り組んでいる背景は電気自動車と自動運転車の技術発達と関連がある。

  韓国航空宇宙研究院のキム・ウンテ航空研究本部長は「フライングカーに使われるバッテリーは電気自動車用バッテリーと完全に同じで、電気モーターも高出力だという点を除けばほとんど似ている。電気自動車に使われる電気モーターやバッテリーなど電気推進システム効率が良くなり空飛ぶクルマに対する関心も高まっている」と説明する。

  また、スマートカー技術に使われる自動運転・安全補助技術の発達も影響を及ぼした。空飛ぶクルマを実現するのに必要な基盤技術がこの数年で大きく発展したのだ。KAIST航空宇宙工学科のシム・ヒョンチョル教授は「技術的に障害はほとんど解決された状況。適切な投資家が現れ制度・インフラさえ整えば2025年ごろに空飛ぶクルマが商用化されるだろう」と説明した。

  もちろんまだ技術開発が必要な部分もある。垂直離着陸技術が代表的だ。複数のモーターが分散推進し飛行体を垂直離着陸するのは現在でも可能だ。問題は「安全に」垂直離着陸をすることだ。例えば4個のモーターで離着陸する技術はすでに開発されているが、このうち1個が故障しても胴体が安定を維持する技術が必要だ。垂直離陸した飛行機がリアルタイムで前進飛行に移動する技術や、無人機飛行制御装置技術なども課題に挙げられる。

  韓国も空飛ぶクルマの実現に必要な核心技術はほとんど確保しているというのが韓国航空宇宙研究院の説明だ。韓国航空宇宙研究院航空構造研究チームのハン・チャンファン責任研究員は「IT・自動車・航空技術強国である韓国が空飛ぶクルマの開発に飛び込むなら先進国と競争して新市場を開拓できる。国レベルで核心技術に投資し、早期にグローバル競争力を強化しなければならない」と話している。

「空飛ぶクルマ」競争にトヨタも挑戦状(1)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事