【社説】変わらない北朝鮮、「問題ない」という青瓦台

【社説】変わらない北朝鮮、「問題ない」という青瓦台

2018年11月14日10時49分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  北朝鮮の非核化交渉が遅々と進まない中、北朝鮮の弾道ミサイル基地が電撃公開された。北朝鮮が米国に到達できる大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射場を解体し、これ以上発射しないと約束したが、韓国と日本を攻撃できるミサイル基地はそのまま運営しているということだ。昨日、ニューヨークタイムズ(NYT)は米シンクタンクである戦略国際問題研究所(CSIS)が公開した「申告されなかった北朝鮮:サッカンモル(Sakkanmol)ミサイル運用基地」というタイトルの報告書を引用し、このように報じた。NYTは「北朝鮮が大きな欺瞞(great deception)を使っている」として「北朝鮮は主な(ミサイル)発射場の解体を提示したが、通常兵器および核弾頭の発射を強化できる他の基地10カ所の改善作業を持続している」と指摘した。

  CSISは民間衛星を通じて分析した、公開されていない北朝鮮のミサイル基地は20カ所で、この中で少なくとも13カ所を確認した。金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮国務委員長がICBMの開発に関連した東倉里(トンチャンリ)ミサイルエンジン実験場と発射台の廃棄を公言したが、中・短距離ミサイル発射施設は健在で北朝鮮の核脅威を完全に除去するのは力不足ということだ。有事の際、北朝鮮は「スカッド」と「ノドン」など中・短距離ミサイルで韓米軍施設と都市まで攻撃することができる。北朝鮮はこのようなミサイルに核、または化学・生物学弾頭を装着でき、使用時は韓国が莫大な被害を受ける。北朝鮮が保有した1000発程度のミサイルの中でほとんどが短中距離ミサイルだ。「万が一の事態」を仮定して備えるのが安保の基本だ。

  ところが、青瓦台(チョンワデ、大統領府)の認識は真に当惑する。金宜謙(キム・ウィギョム)報道官はNYTの報道に対して「欺瞞というのは適切な表現ではない」とし、「北朝鮮がミサイル基地を廃棄すると約束したことがなく、該当基地を廃棄するのが義務条項であるいかなる協定を結んだこともない」と述べた。北朝鮮の公式立場が出る前に、先に北朝鮮の主張を代弁するかのような印象を与えている。北朝鮮の短中距離ミサイルが何の問題にならないということなのか、わが国民に全く脅威にならないということにも聞こえる。米国務省は「金委員長は(米朝首脳会談で)完全な非核化と弾道ミサイルプログラムの除去を含めて約束した」として金報道官の論評と反対に指摘した。

  CSISが公開した北朝鮮のミサイル基地は韓米情報当局がすでに詳細に把握し、軍事的に備える計画まで持っている施設だ。それでもCSISが改めてこれを公開した理由は、北朝鮮を見る米国世論が変わっているという意味かもしれない。非核化の約束を履行しない北朝鮮とそれを見守ってばかりいるトランプ行政府への警戒心が高まっているという傍証だ。さらに、ジョン・ボルトン米国家安保補佐官が「北朝鮮と2回目の首脳会談が準備されている」という昨日の発表は幸いだ。青瓦台は米朝首脳会談のためにも盲目的に北朝鮮の肩を持つのではなく、厳しい状況を認識して見解を客観的かつ冷静に調整する必要がある。
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事