金正日霊柩車護衛していた4人衆はどこへ、金正恩の軍人事(2)

金正日霊柩車護衛していた4人衆はどこへ、金正恩の軍人事(2)

2012年11月30日11時41分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  人民武力部長の席からキム・ジョンガクが押し出されることによって昨年12月、金正日葬式の時に霊柩車の左側で直接護衛した軍部4人衆は全員粛清されたり、没落したりした。一番前に立ったイ・ヨンホ総参謀長は去る7月電撃粛清された。情報当局はイ・ヨンホが金正恩の軍部改革と外貨稼ぎ事業の内閣移管に反旗を翻して反革命罪にかかったと把握している。

  部長が空席だった国家安全保衛部最高実力者であるウ・ドンチュク第1部部長も4月に解任された後、どうなったか不明だ。武力部長から解任されたキム・ヨンチュンは労働党の民間防衛担当部長として公開活動中だが実権を失い、健康も良くないという観測だ。これらの空席はチェ・ヨンヘ軍総政治局長、キム・ウォンホン国家安全保衛部長、ヒョン・ヨンチョル軍総参謀長ら金正恩時代の軍部人物で満たされた。霊柩車の右側、金正恩の後に立っていたチャン・ソンテク(金正恩の叔母の夫)国防委副委員長とキム・ギナム党秘書、チェ・テボク最高人民会議議長はまだまだ健在だ。

  当局者は「金正恩体制に入り軍部と労働党の主な職位に対する大々的な検閲と出身検証がなされている」として「特に軍高位級の場合、忠誠度が決定的な判断基準であるとわかる」と話した。金正恩は先月末、母校である金日成(キム・イルソン)軍事総合大学を訪問した席で「党と主席に忠実でない人はいくら軍事家らしい気質があって作戦戦術にたけているとしても私たちには必要ない」と強調した。これに対して砲兵専門家で自身の軍部課外教師の役割をしたイ・ヨンホを粛清した背景を取り上げ論じたという観測も出てくる。

  金正恩体制以後、北朝鮮軍部要人に対するジェットコースター式解任・降格も頻繁だ。ペク・スンジュ国防研究院責任研究委員は「短期間に衝撃的な人事措置を繰り返せば軍部の忠誠心競争を引き出す効果が大きく、金正恩もこれを狙ったこと」としながら「しかし中長期的には反目と葛藤を深化させて体制不安要素になり得る」と話した。 イ・ヨンホ解任以後、派手に総参謀長に上がったヒョン・ヨンチョルも先月、副元帥として隊長に降格した。今月入っては偵察総局長キム・ヨンチョルが隊長から上将(または、中将)に下がって、作戦局長であるチェ・プイルも隊長から一階級降格した。この2人は開城(ケソン)工業団地進入道路を通じて北朝鮮兵士が帰順した事件のために問責されたと分析される。

  2008年に亡命した北朝鮮軍保衛将校(中尉)出身のイ・チョルホ氏は「北朝鮮で軍階級は何の意味もなく、金正日・金正恩が付けたりはがしたりしなければ一日でそのままになる」と話した。 降格された階級章を付けて行事に出てくるようにすることによって公開的に恥をさらし、復権のために忠誠競争をさせるという話だ。

  

  

  

  

  

金正日霊柩車護衛していた4人衆はどこへ、金正恩の軍人事(1)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事