金正恩の怒声が響く経済現場…大改革は遠ざかるのか(1)

金正恩の怒声が響く経済現場…大改革は遠ざかるのか(1)

2018年07月11日15時30分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長の動きが尋常でない。先月末から中朝国境地域に滞在しながら次から次へと経済現場を訪れている彼は心配そうな表情だ。工場と企業所を訪れる金正恩委員長の怒声も増えた。最高領導者を迎えてどうしてよいのか分からない工場の末端幹部に管理不足を叱責し「馬小屋のようだ」と直撃弾を飛ばした。このような声は国営宣伝メディアでもそのまま伝えられている。朝鮮中央テレビに表れた金委員長の険しい表情は物事がうまく進んでいないという信号だ。米朝首脳会談にもかかわらず中国との国境地域を回りながら自力更正を強調する点も釈然としない。金正恩体制が非核化を越えて体制の生存のための改革・開放に動くだろうという韓国社会の一部の期待が込められた見方とも異なる。

  金正恩委員長の中朝国境地域訪問は先月末、韓国情報当局の対北朝鮮監視網を通じて初めて確認された。平安北道新義州(シンウィジュ)一帯の警備と住民統制が強化され、ここに駐留する北朝鮮軍1524部隊などが非常事態を迎えたからだ。金委員長が利用する防弾リムジンと随行員および警護・儀典関係者を乗せた車の移動も把握された。金委員長が最初に訪問したところは鴨緑江(アムノッカン)沿いの薪島郡(シンドグン)だ。緋緞島(ビダンド)とも呼ばれるここは葦が多く、特区開発が推進されたが途中で中断した黄金坪が属する。

  金委員長は高級乗用車や専用ヨットを利用しなかった。古い小型セダンで移動し、数人が乗るほどの小さなモーターボートに乗った場面が北朝鮮メディアを通じて先月30日に公開された。対北朝鮮情報関係者は「執権初期の2012年8月に老朽した木船に乗って西海(ソヘ、黄海)最前方の茂島(ムド)防御隊を視察した当時を連想させる姿を演出した」と伝えた。汚れた服も登場した。「人民経済」のために東奔西走する指導者のイメージを浮き彫りにしようという意図があるという分析が出てきた。

  金委員長がまず足を運んだのは葦総合農場作業班だ。金委員長は薪島郡を主体的な化学繊維原料基地として建設するよう指示した。特産物の葦を利用した繊維の増産を強調したのだ。次の訪問地の新義州化粧品工場には李雪主(イ・ソルジュ)夫人も現れた。金委員長が「春香化粧品として名声がある新義州化粧品工場にいつか一度来てみようと思っていたが、きょう来ることになった」と話し、雰囲気は和らいだ。続いて「工場の幹部と労働階級の粘り強い闘争精神と勤勉な業務態度に感心する。大満足だ」と語った。平壌(ピョンヤン)市内に春香化粧品専門販売店を出すという約束までした。

  しかし金委員長の笑顔はここまでだった。新義州紡織工場に移動した金委員長は「工場が科学技術によって生産を正常化する考えをせず、資材と資金、努力ばかり話している」と批判した。また「我々式の国産化・現代化が勢いよく燃え上がる時、この工場は難関の前に座り込み、立ち上がろうともせず冬眠している」と指摘した。

  このような不満は次の新義州化学繊維工場での現地指導で爆発した。金委員長は「現代化工事を進めるというこの工場では、補修もしない馬小屋のような古い建物に貴重な設備を入れて試験生産をしようとしている」と声を高めた。労働新聞は2日付の報道で「最高領導者(金正恩)同志は『多くのところを訪れたが、このような幹部らは初めて見る』で厳しく指摘した」と当時の状況を伝えた。

  こうした険悪な雰囲気は、金正恩委員長が白頭山(ペクドゥサン)地域の両江道(ヤンガンド)三池淵郡(サムジヨングン)に移動してからも続いた。ジャガイモを生産する中興農場では「20年ほど前の農機械を機械化の手本にしている」と問題点を挙げた。三池淵ジャガイモ粉生産工場では「工場建設初期の技術神秘主義のまま変わらず、経済的に採算が合わない設備で生産に支障を与えた」と指摘した。

金正恩の怒声が響く経済現場…大改革は遠ざかるのか(2)

【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事