文大統領「タイ洞窟の奇跡から国の役割を見た」

文大統領「タイ洞窟の奇跡から国の役割を見た」

2018年07月11日15時02分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
インドを国賓訪問中の文在寅大統領が10日午後(現地時間)、ニューデリー大統領宮で開かれたラーム・ナート・コビント大統領主催の夕食会で、コビント大統領に答辞をしている。
  文在寅(ムン・ジェイン)大統領は11日、タイ海軍特殊部隊が前日に洞窟に閉じ込められていた13人のサッカーチームの少年とコーチを全員救出したという便りに「国民の生命を守る国の役割を見た」と明らかにした。

  文大統領はこの日、ツイッターに関連ニュースについて言及して「世界がタイの奇跡を見守った」と綴った。続いて「タイの少年と国民に祝いを送り、早く回復することを祈る」と明らかにした。

  文大統領はタイの少年が無事に家族の元に戻ったことを祝いながら「勇敢な少年と献身的なコーチ、世界から駆け付けた救助隊員が一緒に作り出した奇跡」と評価した。

  タイ・チェンライの少年サッカーチームの選手とコーチら13人は、先月23日午後のトレーニングを終えた後に洞窟に入ったところ、豪雨で水かさが増えながら孤立した後、17日ぶりに救助された。救助3日目のこの日、最後に残っていた5人が洞窟を脱して全員生還という奇跡につながった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事