<サッカー>ボリビア戦で韓国選手同士が口論?…代表チーム「内部分裂でない」

<サッカー>ボリビア戦で韓国選手同士が口論?…代表チーム「内部分裂でない」

2018年06月08日09時58分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  サッカー韓国代表のFW孫興民(ソン・フンミン、トッテナム)と鄭又栄(チョン・ウヨン、ヴィッセル神戸)の不和説が浮上した。大韓サッカー協会は直ちに「事実無根」と釈明した。

  韓国代表チームは7日(日本時間)、オーストリア・インスブルックでボリビア代表1.5軍と強化試合を行い、得点なく引き分けた。試合終了のホイッスルが鳴った後、孫興民が歩きながら何かを言うと、鄭又栄が険しい表情で反論するような中継映像が見えた。そしてDF金英権(キム・ヨングォン、広州恒大)がこれを止めるようなジェスチャーを見せた。

  代表チームの関係者は7日、「この映像について『お互い怒っている』『チーム分裂だ』という声まで出ているが、事実を確認した結果そうではない」と釈明した。

  この関係者は「試合終了直前のFKの場面で孫興民が回り込み、鄭又栄が孫興民の方に蹴ることを約束したプレーだったが、タイミングが合わなかった」とし「孫興民が鄭又栄に『もう少し遅く蹴ってくれればよかったのに』と笑いながら話して通り過ぎた。映像には孫興民の後ろ姿だけが出てくる。鄭又栄は『キックすると同時にお前がスタートすると思った』と話した」と説明した。

  続いて「鄭又栄が険しい表情で話す映像があったが、鄭又栄は『試合を終えて疲れていたのであのような表情になったようだ』と話した。今その映像を見て2人とも笑いながらどのよう映っていたのだろうか話している」と伝えた。

  最後に代表チーム関係者は「本当に事実だ。この映像のために『チーム分裂』という誤解が広がらないようにお願いしたい」と語った。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事