韓日通貨スワップ、30億ドル延長せず

韓日通貨スワップ、30億ドル延長せず

2013年06月25日08時03分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国と日本は来月3日に期限を迎える30億ドル規模のウォン・円通貨スワップを延長しないことにしたと、韓国銀行が24日発表した。韓銀関係者は「韓国・日本の双方が必要性を感じられず、延長しないことにした」と話した。これで韓国・日本の両国間通貨スワップは、韓日中3カ国と東南アジア諸国間で締結したチェンマイ・イニシアティブ(CMI)による100億ドルだけになった。両国は2011年10月に通貨スワップの規模を700億ドルまで増やしたが、昨年8月の李明博(イ・ミョンバク)元大統領の独島(ドクト、日本名・竹島)訪問以降、関係が悪化するとすぐに同年10月に570億ドルの通貨スワップを終了した経緯がある。今回も両国は安倍政権の歴史不正によって関係が悪化した中で通貨スワップの延長をめぐり感情対立を繰り広げていた。

  一方“バーナンキ・ショック”によって弱くなった金融市場が、今回の通貨スワップ終了でどんな反応を見せるのか注目される。企画財政部の高位関係者は「30億ドルの通貨スワップは、3000億ドルを超える外国為替保有額と韓国の経済規模を勘案する時には意味のある数値ではない」と話した。これに対して延世(ヨンセ)大学経済学部のソン・テユン教授は「米国の量的緩和縮小と中国の景気悪化に対応するために協力を強化しなければならない状況で、韓国・日本の両国が逆の決定を下した」として「通貨スワップが政治的イシューに巻き込まれた側面がある」と指摘した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事