東レ社長「韓国への投資は成功的、10兆ウォンの産業効果期待」(2)

東レ社長「韓国への投資は成功的、10兆ウォンの産業効果期待」(2)

2013年04月04日09時27分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  市場が大きくなりながら暁星(ヒョソン)と泰光(テグァン)産業、GSカルテックスなど韓国企業も進出している。日覚社長は、「東レはすでに40年前に開発に成功した製品。航空機の1次構造材では東レ製品だけが使われている。それだけ品質を認められている」とアピールした。現在東レの世界市場でのシェアは40%に達する。

  最近の円安現象に対しては、「1ドル=90~105円が日本経済の体力だが、これまで過大評価された側面があった。したがって円安ではなく“円高の修正”だ」と表現した。ただ東レは製品の70~80%を海外で生産しており、為替相場の影響は大きく受けないと説明した。日覚社長は「韓国や日本の企業ともに技術開発に注力し高付加価値製品を作ることが為替相場の影響から抜け出す秘けつだ」と話した。

  日覚社長は企業の「進化」についても紹介した。東レは1926年に「東京レーヨン」という名前で創業した。名前からわかるように初期はレーヨンメーカーだったが、現在は高機能繊維とフィルム、人工臓器、水処理システムなど生産製品が多角化している。世界で4万人余りが勤め、昨年は1兆5890億円の売り上げを記録した。日覚社長は「既存産業がピークに達する前に新しい産業を起こした。過去には『繊維の東レ』と呼ばれたが、いまは『先端材料の東レ』と呼ばれるよう望んでいる」と話した。

東レ社長「韓国への投資は成功的、10兆ウォンの産業効果期待」(1)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事