映画PRで来韓していた坂口健太郎、最後のスケジュールは防弾少年団と

映画PRで来韓していた坂口健太郎、最後のスケジュールは防弾少年団と

2018年07月11日14時13分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
俳優の坂口健太郎
  俳優、坂口健太郎が初の来韓スケジュールで熱い反応を得た。

  今日(11日)韓国で公開される映画『今夜、ロマンス劇場で』で、ピュアなロマンチシスト健司役で出演している坂口は、来韓以降も熱い話題の中心だ。

  今月3日、4日に『今夜、ロマンス劇場で』のメディア配給試写会と全国6都市で行われたチューイングチャット(俳優との双方向的な交流イベント)、ショーケース、舞台挨拶などのプロモーションイベントを通じて歴代級のファンサービスで爆発的な反応を得た。

  9日、MBC(文化放送)の芸能情報番組『セクションTV芸能通信』出演以降、ポータルサイト「Naver(ネイバー)」と「Daum(ダウム)」のリアルタイム検索語等級や多様なイシューでさらに話題の中心に立った。これは先週末に続いてリアルタイム検索語で2週間にわたり登場したもの。『セクションTV芸能通信』で日本ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』の挿入歌で縁ができた防弾少年団(BTS)との親交ぶり、ソメク(焼酎+ビール)愛、親近感あふれる魅力、間もなく公開される『今夜、ロマンス劇場で』の名場面などが集中的に紹介された。一週間のさまざまな芸能界イシューの中で最も大きな比重で紹介されたと同時に、「酒が強い」「学生時代にモテた」こと以外にも韓国のそっくりさんとして有名な俳優ソ・ガンジュンをよく知っていると話したり、共演してみたいと積極的な意欲を明らかにしたりするなどのインタビュー内容にも世間の注目が集まった。

  また、坂口は韓国への愛情が深く、観客が勧める韓国料理はなんでも食べ歩いた。坂口が韓国で食べたものは、エビのしょう油漬け(カンジャンセウ)、参鶏湯(サムゲタン)、ビビン冷麺、ユッケ、炭焼きカルビ、豚の三枚肉(サムギョプサル)などだ。入国当日7月2日の夕方に飲んだソメクに惚れて、最後の公式日程がある4日まで毎日ソメクを飲んだという。「ソメクの作り方」まで学んで帰ったほどソメクに対する並ならぬ情熱と愛情を示した。韓国に滞在していた3泊4日間、食事だけでなく江南(カンナム)や梨泰院(イテウォン)、カロスギルの観光も楽しんだほか、ショッピングリストにはコチュジャンと海苔を加える素朴さも垣間見せた。防弾少年団とはプライベートでも時々連絡する仲で、韓国スケジュールの最終日に一緒に過ごした。

  今回の来韓のスケジュールをこなすにあたり、終始、誠実な明るい態度で臨み、国内マーケティングスタッフやメディア関係者、韓国映画ファンに深い印象を残したという。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事