北朝鮮「飢饉に備え農業に従事せよ」

北朝鮮「飢饉に備え農業に従事せよ」

2005年06月01日10時26分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  食料および燃料不足が深刻な北朝鮮では、最近、国家総動員令が発令され、数百万人の都市住民を農業に動員させていると現地の消息筋が31日、明らかにした。

  世界食糧計画(WFP)のリチャード・レーガン平壌(ピョンヤン)事務所長はこの日「国家総動員令が発令されたが、WFPの職員らを担当する外務省の職員までも週末には農村へ支援しに行くよう要求されているなど、全職種に対して動員がかけられている」と伝えた。

  北朝鮮をたびたび訪れる中国人事業家は「今年は燃料不足で農機具の使用が制限されており、例年に比べて多くの住民が動員されているようだ」とし、「北朝鮮当局が100万人の犠牲者を出したと推測される1990年代中盤のような大飢饉(ききん)に備え、指示を出していると聞いている」と述べた。

  WFPは特別な支援対策が準備されない限り、今年、妊婦、高齢者など約350万人たちへの支援が中断されることが考えられ、その場合、最悪の事態になると憂慮している。

  

  

  

  

  

  

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事