【社説】いつまで北朝鮮の深夜の取り消し通知に振り回さなければならないのか

【社説】いつまで北朝鮮の深夜の取り消し通知に振り回さなければならないのか

2018年01月31日08時50分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  金剛山(クムガンサン)合同文化公演を一方的に取り消した北朝鮮の一昨日夜の行動がわれわれの深い嘆きをさそう。南北が公式合意し発表までした事案をまるで手の平をひっくり返すように真夜中に通知文ひとつでひっくり返したのだ。国が備えるべき信義はかけらほども見られない。北朝鮮は19日夜にも玄松月(ソンウォル)を団長にした北朝鮮芸術団事前点検団の韓国訪問を電撃中止するという通知文を送っている。今夜にも北からまた何か「取り消し」の知らせが飛び込むかも知れない。

  北朝鮮は金剛山(クムガンサン)公演の取り消し理由として韓国メディアのせいにした。韓国メディアが「平昌(ピョンチャン)五輪と関連して北朝鮮が取っている心からの措置を冒涜し」ており、特に「北朝鮮内部の慶祝行事まで文句を付けている」というものだ。金剛山公演のために韓国政府が軽油を提供するのが正しいのか、また、北朝鮮の威嚇的建軍節軍事パレードが五輪精神を傷つけるのではないかという韓国メディアの指摘に対する反発だ。これに対し公演取り消しで対抗した北朝鮮の形態は韓国側報道機関と政府に対する手なずけの性格を持つ。

  北朝鮮は半月前にも「南朝鮮当局が世論管理をしっかりできず、言動を誤れば祝宴が葬式になる」と脅迫したことがある。一部では一昨日夜に国防部の宋永武(ソン・ヨンム)長官が「北朝鮮が核を使うならば北朝鮮政権は地図上から消えるだろう」とした強硬発言に対する北朝鮮の不満表出と解釈したりもする。理由がどうであれ問題は北朝鮮が南北公式合意事項を「真夜中に、一方的に、軽く」ひっくり返すというところにある。これだから韓国国内で「北朝鮮の横暴」という言葉とともに韓国政府がなぜ北朝鮮の言いなりにならなくてはならないのかに対する指摘が出る。

  韓国の国民の相当数がなぜ平昌五輪とこれといった関連性のない金剛山公演と馬息嶺(マシクリョン)スキー場でのトレーニングをしなければならないのか首をかしげる。これらの行事が文在寅(ムン・ジェイン)大統領が南北関係復元に向け大統領選候補時代に構想した内容だからと無理に推進する必要があるのかとの懐疑論が少なくないのだ。韓国政府が五輪を契機に南北関係改善の糸口をつかまえようと「風前の灯火を守るように」気をもむのは十分に理解する。しかし現在のような「低姿勢」一辺倒で果たして真の南北対話の突破口を開けるか疑問だ。

  韓国政府は南北対話と関連し米国と面倒なほど疎通していると主張する。だが金剛山公演時に使う軽油や馬息嶺スキー場トレーニングのための航空便利用などと関連し米国は快くうなずく雰囲気ではない。南北対話を通じて米朝対話を引き出すのが韓国政府の意図なのに馬息嶺スキー場トレーニングと軽油搬入などをめぐり対北朝鮮制裁違反ではないかと神経戦を行うならばどうやって成功的な米朝対話の場を作れるだろうか。韓国政府はいまからでも原則があり堂々とした姿勢で北朝鮮との対話に臨み、問い詰めるべきことは問い詰めなければならない。機嫌を取ることで得た成果は金剛山公演取り消しのように簡単に飛んで行く。
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事