成功したベンチャーのほとんどは米中企業…第4次産業革命で遅れをとる韓国

成功したベンチャーのほとんどは米中企業…第4次産業革命で遅れをとる韓国

2017年03月21日09時31分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  成功した韓国ベンチャー企業は非常に珍しいという事実が統計で明らかになった。第4次産業革命で遅れをとっている韓国の実状だ。米市場調査機関CBインサイト(CB Insight)は、世界のユニコーン企業186社を公開した。ユニコーンはビジネス革新で10億ドル(約1124億円)以上の企業価値があると評価される非上場ベンチャー企業を示す言葉だ。186社の合計企業価値は6470億ドルに達する。

  韓国貿易協会がCBインサイトの資料に基いて186社のユニコーン企業を調査した結果、4社中3社が中国と米国の企業だった。具体的には米国企業が半分を越え(53%)、中国企業も相当数(22%)を占めた。インド(5%)、英国(4%)、ドイツ(2%)の順でユニコーン企業が多かった。また、ユニコーン企業の30%は米国シリコンバレーにあり、10%はシリコンアレー(米国ニューヨーク・マンハッタン)に拠点を置いている。

  米国ユニコーン企業は産業パラダイムの変化で従来なかった市場を開拓したケースがほとんどだ。例えば、犯罪予防ソリューション企業「Palantir」はビッグデータの解析力をベースにボストンの爆弾テロ犯摘発に貢献した。

  中国ユニコーン企業は「ファーストフォロワー」型が主流だった。「シャオミ(Xiaomi)」は先進市場で検証されたビジネスモデルを素早く模倣して成功した。「途家(Tujia)」もAirbnbモデルを中国オーダーメード型でサービスを開始した。

  これに比べて韓国はCoupang(クーパン)、Yello Mobile(イエロモバイル)、CJゲームズの3社だけがユニコーン企業として紹介された。韓国ベンチャー企業がユニコーン企業に成長する前に、ユニコープス〔ユニコーン+コープス(死体)〕に変わる場合が多いという間接的な証拠だ。韓国貿易協会は「韓国は第4次産業革命への適応力がやや足りない」と評価し、「ベンチャーが生き残っていける生態系づくりが必要だ」と助言した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事