FIFA、20日に“独島パフォーマンス”懲戒委員会

FIFA、20日に“独島パフォーマンス”懲戒委員会

2012年11月14日09時02分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
朴種佑(パク・ジョンウ、23、釜山)。
  朴種佑(パク・ジョンウ、23、釜山)問題を扱う懲戒委員会の日程が決まった。

  大韓サッカー協会は13日(日本時間)の報道資料で、「国際サッカー連盟(以下FIFA)が20日の懲戒委員会で、朴種佑(パク・ジョンウ)事件について議論する」と伝えた。

  FIFA懲戒委員会のマルク・カバリエロ氏が送ってきた文書には、FIFAが朴種佑に関する調査を終え、選手関連事件がFIFA懲戒委員会で正式に扱われる、という内容が書かれていた。

  朴種佑は、8月のロンドンオリンピック(五輪)サッカー3位決定戦で韓国が日本を破った後、「独島(ドクト、日本名・竹島)はわが領土」と書かれた紙をグラウンドで掲げた。国際オリンピック委員会(IOC)はこの“独島パフォーマンス”が政治的行為を禁止するオリンピック憲章50条違反の可能性があるとみて銅メダル授与を保留し、FIFAに真相調査を依頼した。

  1次真相調査に基づき、先月5日にFIFA賞罰委員会で朴種佑(パク・ジョンウ)問題が扱われる予定だったが、追加資料が必要だという判断で延期された。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事