チムチルバンの貸与服は細菌だらけ

チムチルバンの貸与服は細菌だらけ

2006年07月21日18時41分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  ソウル市内のチムチルバン(サウナの一種)10カ所のうち8カ所の貸与服が一般細菌だらけであることが明らかになった。

  韓国消費者保護院はソウル市内のチムチルバン20カ所で貸与される服の衛生状態を試験し、洗たく・保管など衛生管理実態を点検した結果、17カ所の貸与服から一般細菌が100平方センチメートル当たり1400cfu-1100万cfuが検出されたと21日、明らかにした。

  一方、残りのチムチルバン3カ所の貸与服からは一般細菌が全く検出されなかった。 調査対象のチムチルバンでは一日平均50人-1000人の利用者に服を貸していた。

  cfu(colony forming unit)は細菌を数える単位で、cfu/平方センチメートルは1平方センチメートル当たりどれだけの細胞または菌株があるかを表す。

  消費者保護院側は「不特定多数の人が共同で利用するチムチルバンの貸与服は汗と湿気で一般の服に比べて細菌が繁殖する可能性が高く、下着を着ないで使用することが多いため、細菌がある場合、皮膚病に感染するおそれがある」と警告した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事